初担当の仕事で作業変更の嵐で仕事量が大幅に増えたことの顛末【その2】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 ↓前回の続きになります

www.itjigoku.com

 

ある日、初めて担当になった仕事で作業の大幅変更があると上司から告げられました

 

作業拠点が増えたり、作業日時が前倒しになったりと仕事量が大幅に増えてしまいました

 

そんなこんなで仕事に忙殺されていたある日、手順書のレビューも兼ねて、元請け企業E社の関東某所にある事業所への出張を言い渡されました

 

今回は出張に行ってから起きる出来事について綴っていきます

 

B事業所での打ち合わせ

 午前中から打ち合わせがあるので早朝の新幹線で関東某所のB事務所に向かいました。

 

B事務所に着くと、上司Oとネットワーク検証チームのKさん、コンフィグチームの3人で打ち合わせを始めました。

 

手順書や資料のレビューを始めるとあれが足りないこれが足りないと始まりました。

メールでも電話でも聞いたことのない話しばかりで正直戸惑いました・・・。

 

なんでこんなに出来てないんだよ!最悪今週の金曜日までに出来てないといけないんだぞ!!

 

すみません・・・

 

1日100通近くメールが来るのでを見逃してしまったのかと思いましたが、実はCCにすら私が入っておらずメールが来てなかったようです・・・。

何故入れなかった!!

 

打ち合わせは夜の8時過ぎまで続きました・・・。

 

とりあえず、水曜の午後にもう一度打ち合わせを行うからそれまでに打ち合わせで足りなかった分と修正箇所を直しといて!

 

上司Oはイライラしながら私に言いました。

 

はい・・・

 

 この日は日付が変わる直前まで働きました・・・。

 

しかし、この時間なると最寄りの駅までのバスが走っていません!

歩いて行けなくもないですが徒歩25分かかります。

ですが、終電まであと15分しか無いので走って駅に向かいました・・・。

 

電車に飛び乗ると周りの乗客の不審者を見るような目が刺さりました。

確かに、夜中に「(*´Д`)ハァハァ」言いながら電車に乗るような人なんて不審者くらいですかね・・・。

 

翌日火曜日

明日の打ち合わせに間に合わせるように、必死に作業手順書や資料の作成を行いました。

 

この日も、日付が変わる直前まで働いて終電に間に合うように走って駅に向かい、「(*´Д`)ハァハァ」言いながら電車に飛び乗り、不審者を見るような白い目で見られながらホテルへ帰りました・・・。

 

水曜日

午後に予定通り打ち合わせが始まりました。

 

順調に手順書や資料のレビューも終わり、今日一通り修正すれば金曜日の提出には余裕で間に合うなと安心しました。

 

しかし、夕方に不吉なメールが届きました。

 

件名「〇〇作業 作業対象機器の変更について」

内容:作業対象機器が増えます。詳細は添付資料を見てください。

 

ええ!?今更機器追加かよ!有り得ないんだけど!!

 

漆君、このメールの内容も反映して!

 

あと、明日もう一度レビューやるからよろしく!!

 

はい・・・

 

それに伴って今作成している作業手順書や資料を修正しないといけません。

 

 更に仕事が増えてしまいました・・・。

 

この日も、日付が変わる直前まで働いて終電に間に合うように走って駅に向かい、「(*´Д`)ハァハァ」言いながら電車に飛び乗り、不審者を見るような白い目で見られながらホテルへ帰りました・・・。

 

木曜日

この日の午後、予定通り打ち合わせが始まりました。

 

なんとかレビューを終えましたが、昨日の突然の作業機器追加の箇所で修正多くなり、この日も終電で帰りました・・・。

もちろん、「(*´Д`)ハァハァ」言いながら電車に飛び乗り、不審者を見るような白い目で見られながらホテルへ帰りましたよ!!

 

金曜日

この日はレビューの修正箇所を直して、上司Oとレビューしました。

 

こことここ直してお客さんにメールで送っといて

 

はい

 

修正後、受注元の某大手公共交通会社に提出しました。

 

なんとか金曜日に仕事を終えることが出来ました!!

 

この日は「(*´Д`)ハァハァ」言いながら電車に飛び乗り、不審者を見るような白い目見られることなく、帰れましたよ!!

 

まとめ

この時は、流石にこれ以上きつい仕事は無いだろうと高を括ってました。

確かに、この案件にいるときはこれに近いくらいきつ仕事は何度かありましたが、これ以上のきつい仕事はありませんでした。

 

しかし、この次の案件(↓の記事)ではこれ以上にきつい仕事ばかりで、この時に会社を辞めていればと激しく後悔しています。

www.itjigoku.com

 

それも、何とか仕事を続けても、↑の記事よりきつい案件に飛ばされ、生き地獄を味わった挙句、転職に失敗して紆余曲あり今は無職です。

 

皆さんは、嫌な仕事、きつい仕事は無理せず辞め際を見計らって辞めることをお勧めします。

無理に続けていても、私のようにただの時間の浪費になるだけになるかもしれません・・・。

 

ここまでありがとうございました!!

 

f:id:UrushiUshiru:20171013003201j:plain

この案件に入ってから新幹線のヘビーユーザーになったでござる