プロジェクトを混沌の渦に飲み込んた仕事が出来ないおじさんの話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、の某大手キャリア案件にいた仕事が出来ないおじさんの話をしようと思います

www.itjigoku.com

 

この人は、ただの仕事が出来ないおじさんではありません・・・

 

そこには、仕事や人間関係の軋轢だけではなく、会社間の軋轢、宗教まで絡んできます・・・

 

ところでさあ、あんた人のこと言えるの?

 

就活にも転職にも失敗して、仕事を投げ出して無職になってるのに

 

( ^ω^)・・・

 

 

 

 

 

※このおじさんを仮にEさんとします。

 

Eさんとの出会い

この案件に入場して1週間が経った頃でしょうか。

自社の営業から電話がありました。

 

今週中にうちの会社のパートナーの人がこの案件に入るからよろしく!

 

あ、はい・・・

 

どんな人が来るんだろう。

その日はちょっと楽しみだったりしました・・・。

 

ちなみにパートナーとは聞こえは良いですが、実際には私の会社を経由して多重派遣されてきた、どこの会社の人かも分からない人です。

 

f:id:UrushiUshiru:20171025013757j:plain

 

それから数日経ったある日、新人の2人が入ったので挨拶しに行きました。

20代の女性と、30代後半か40代前半くらいのおじさんの2人でした。

 

20代の女性の方かなと思いましたが、おじさんの方でした。

ちょっとがっかりした。

 

でも、そのおじさん(Eさん)は柔和な感じで悪印象はなかったです。

あと、かなり太っていた。

 

ちなみに20代の女性の方はWさんというの記事で大阪出張の時に一緒に仕事した人です。

www.itjigoku.com

 

かなり問題がある人だと発覚

Eさんが入場した翌月、Eさんについて悪い噂や、一緒に作業した人の愚痴をちらほらと耳にするようになりました。

 

こんな感じです。

  • 同じミスを何度も繰り返す。
  • ミスによって作業のやりお直しが多発
  • それに伴ってケジュール遅延が発生
  • 客先のデータセンターで作業で使用していたLANケーブルに躓き断線させる
  • 貸与された作業用PCを意味不明な理由で破損させる(近くにあった脚立に乗せたら落ちて壊れたという理由)
  • rm -rf /」というLinuxサーバでは絶対に実行してはいけない悪魔のコマンドを実行してサーバを破壊(root権限で作業しているんでね!)
  • 手順書作成を依頼すると意味不明な資料が出来上がる
  • それに伴って手順書作り直し

 

ちなみに下2つは私が直接被害を被った出来事です。

 

人を怒らす天才

彼は人を怒らす天才なのです。

 

ある日、いつものようにサーバの構築とか検証とかで作業していると、どこかで怒鳴り声が聞こえました。

 

f:id:UrushiUshiru:20171025125803j:plain

サーバラックの隙間を覗き魔のごとく覗き込んでみると、Eさんが怒られていました。

またミスをして怒られていたようです。

 

そのようなことが何度もあり、怒っている人は代わるがわるでした。

 

それだけならともかく、柔和で今まで怒ったところを見た事のないことに定評のあるJさんをマジギレさせたのです。

Jさんは、D社の社員で、上司Sの先輩社員にあたります。

Jさんは、サーバ構築の作業員としてこの現場に入ったつもりでしたが、暴走して色々仕事を引き受けてくる上司Sのストッパー兼引き受けてしまった仕事を担当する人になってしまい、それを嘆いていました。

 

ちなみに、JさんはD社のやり方に不満を持ち退職していきました・・・。

 フリーのエンジニアとして活躍しているようです。

 

 Jさんがマジギレさせたのは、私がの記事で書かれている仕事を丸投げされて毎日終電で睡眠時間を削って仕事をしていた時のことです。

 

www.itjigoku.com

 

 

この記事では書かれていませんが、上司Sに無理やりデータセンターでの作業を押し付けられ、よりにもよってEさんと作業することになってしまいました。

 

こっちは今の仕事で手がいっぱいなのに、作業をしないといけない、それもEさんとです。

この仕事は回避しないととんでもない事になると、Jさんに縋りついた時です。

 

Jさん、ちょっと相談があるんですけど・・・

 

え、どうしたの?

 

ちょっと今週末の作業の事なんですけど、今の仕事でいっぱいいっぱいで、とても出来るような状況じゃないです・・・

 

ちょっと漆さぁん!質問があるんですけどぉ~!いいですかあ~?

 

おい!今、漆君と相談してるの見て分からないのかよ!!

 

柔和なはずのJさんが凄い剣幕で怒り出したのです。

 

でもぉ~

 

でもじゃねえんだよ!!あっち行けよ!!

 

す、すみません!どっか行ってます!!

 

さっさとどっか行け!!消えろ!!

 

Eさんはどっかに消えていきました。

 

おっと、ごめんごめん・・・話を戻して、確かに毎日終電まで働いてるしね・・・無理だよね・・・

 

Sに無理だって事と、別に人に頼むよう言っておくよ

 

ありがとうございます!

 

作業を回避できて肩の荷を下ろせたという気持ちより、Jさんってマジギレするんだという事実に仰天した気持ちの方が大きかったです。

Jさんは普段こんな事を言わないタイプの人間です。

 

Eさんの介入にJさんがマジギレするほど私の顔は切羽詰まってたんでしょうか・・・

 

 

ちなみに私もマジギレしそうになったことがあります。

Jさんをマジギレさせた時と同じく、仕事を丸投げされて毎日終電で睡眠時間を削って仕事をしていた時のことです。

 

定時を過ぎた頃でしょうか。

今日も今日とて来月上旬にある作業に向けてサーバ構築&手順書作成を丸投げされていて「人生とは何か?」「なぜ自分はこんな仕事をさせられているのか?」と自問自答し始めた時のことのです。

 

漆さあん

 

なんですか?

 

また初歩的なことで質問か・・・と辟易していた時です。

 

今日飲みに行きましょうよぉ~

 

想像の斜め上のことを言われました。

 

・・・(#^ω^)ピキピキ

 

ここ最近忙しいの分かってますよね?

 

でも、行きましょうよ~

 

分かってないようです

 

無理なものは無理です!どっか行ってもらえます?

 

シッシっと追い払いました。

 

じゃあ、また今度誘いますぅ~

 

・・・(#^ω^)ピキピキ

 

 

マジでぶん殴ってやろうかと思いましたよ!

 

経歴偽装疑惑

EさんIT業界歴11年のベテランと伝えられてました。

しかし、初歩的なミスや、資料すらまともに作れないところを見るに、業界歴11年とは思えません。それもITの知識もあまりにも無い。

正直言って、新卒の社員の方が圧倒的に仕事が出来るレベルです。

 

私は、経歴を詐称して、この案件に入ったのではないかと思っています。

 

 実はこの業界(SES)では経歴作業は日常的に行われています。

特に新卒や業界未経験者を1~3年くらいの経験者と経歴を偽装して派遣先に送るというのをやっています。

派遣先の企業は、経験者のみ募集をしていて、新卒や業界未経験者では派遣先がないので、こういう経歴詐称が行われています。

 

あくまでも憶測ですが、Eさんは業界未経験で、今の会社に入社したての社員ではないかと思っています。

Eさんは30後半で、経歴を10年くらい盛らないとどこも派遣先が無いのでそうしたのではないかと。

 

普通のSESの会社なら、未経験の30代の人間は入社させないし、30代で派遣先が無いような人間はクビです。

SESだと、経験者でも40歳を超えると一気に仕事が無くなりますし・・・。

本来なら即刻クビになっていいような人材ですが、何故入社させたのでしょうか?

不思議です・・・。

 

全くスキルにならない派遣先(テスト業務とか雑用とか)で仕事をしていた可能性もありますが・・・。

 

上司Sとの宗教的な関係

上司Sは、某新興宗教の熱狂的な信者なのです。

どれくらい熱狂的かというと、この案件に派遣されているSES社員に片っ端から、入信の勧誘したり、週末に開催される某新興宗教の会合?へ行こうと誘いを入れるくらいなのです。

ちなみに、私には一切声掛けは無かったですけどね!

運がいいのか嫌われてるのか・・・

 

こう見ると、上司S自体かなり問題のある社員ですが・・・。

 

 そしてEさんもその某新興宗教の信者なのです。

週末には上司Sと一緒に、某新興宗教の会合へ言ってるようなのです。

 

ただの宗教仲間なのならそれでいいのですが、それが故に、なかなかEさんがクビにならずにこのプロジェクトに留まり問題を起こし続けました。

 

本来ならクビになってもおかしくない人材です。

 

Eさんのように仕事が出来ない上に問題行為が多い人がもう1人(Eさん登場から2か月後に入場)居ましたが、その人は入場してから1ヶ月半にしてクビになってます。

 

宗教仲間にしてもSESという実施派遣社員の末端作業員。

すぐにクビにできそうなものですが、【Eさん】>【上司S】という宗教ヒエラルキーでもあったでしょうか?

 

友人にも、知り合いにもここの某新興宗教関係者はいないので分かりませんが・・・。

 

上司SのEさん依怙贔屓の犠牲になった自社社員たち

Eさんは私の自社の社員では無いのですが、自社を経由して多重派遣されている人なので、扱い上は自社の社員となっています。

 

そして上司Sはこのプロジェクトのリーダーで、派遣先であるD社では一番偉いのです。

Eさんをクビにしたい人はたくさんいましたが、その意見を反故にしてきました。

 

それが原因で、私も含めて、この案件に派遣されている自社社員が被害を被ることになります。

 

被害というのは、D社にいわれのないクレームと言う名のパワハラを受けることになるのです。

 

 

私と同じ自社から派遣されているTさんですが、居眠りをしていたという理由でクレームを入れられました。

実際には、針小棒大に言ってるだけです。

入場して2週間くらいの経ったときのことです。

Tさんに貸与されるはずの作業用のパソコンが届かず、案件に関係する資料を読み込むというとてつもなく暇な状況でした。

そこでついうとうとしてしまい、それを針小棒大にネチネチとずっと言い続ける状況でした。

 

そして私も、イライラしているというしょうもない理由でクレームを入れられました。

確かに、毎度毎度、無理難題を押し付けられイライラしていたかもしれません。

しかし、この案件は無理難題や長時間労働が当たり前なのでほとんどの人がイライラしていましたよ!!

むしろ、私よりもイライラしてる人がたくさんいましたよ!

 

ちなみにこのクレームの所為で、昇給するはずだった給与が据え置きにされました。

 ただですら残業代もロクに付かない安月給なのに!!

 

 

まとめ

 いかがだったでしょうか?

仕事が出来ないおじさんなら普通に職場にいるいって人も少なくないと思います。

 

しかし、仕事の不出来でだけではく、宗教による依怙贔屓、そしてIT業界特有の多重請負・多重派遣による会社間の軋轢で被害を被る自社社員たち。

そこまで職場を混沌の渦に飲み込む人は少ないと思います。

 

この業界では、多重請負・多重派遣によって不特定多数の人間が出入りしており、そのような人物と仕事をする羽目になるものSIerという仕事です。

 

それでもあなたはSIerに足を踏み入れますか?

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!!