自分ひとりに仕事を丸投げされた事の顛末【その3】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

一昨日、東京拘置所の矯正展に行ってきたんですが、ふとこんなことが頭をよぎったんですよ

urushiushiru.hatenablog.com

 

IT土方より刑務所生活のがマシなんじゃないかと

 

ということで、刑務所生活とIT土方を比較してみましたぞ!!

 

f:id:UrushiUshiru:20171008021144j:plain

 

なんで、悪いことしてないのに扱いが犯罪者以下なんですかね?

 

このまま拘置所に入所すればよかったのに・・・

 

 

今回は↓の続きになります。

www.itjigoku.com

 

では本題に入ります!!

 

自社営業と面談

徹夜明けの昼休憩。

自社の営業に呼ばれて勤務先近くの定食屋へ向かいました。

 

定食屋に先に入っていた営業と合流し会話を始めた。

 

やあ、漆さん久しぶりだね?しばらく帰社日に帰ってないようだけど?

 

自社では月に1回、結束を深めるという名目の元、自社に集まる日があります。

自社では経営陣・事務・営業以外の社員は全て客先へドナドナ派遣されていて、この日だけ顔を合わせます。

散り散りになっている社員たちが結束を深めるようなことは無く、ただの負担でしかありませんでした。

 

いやあ、ちょっと忙しくて・・・

 

それくらい、俺の勤務表見てんだから分かるだろ!と心の中でツッコミました。

 

それでなんだけど、昨日のメール見させてもらったんだけど?

 

お?どう出る?

退場に向けて調整するのか?それとも客先にクレームを出すのか?

ちょっと期待してみました。

 

え?こんなんで文句言ってるようじゃ、この先やっていけないよ?

 

僕がエンジニアやってときは、稼働時間300時間超えとか普通だったし(以下略

※稼働時間・・・勤務時間のこと

 

営業が言っていたことを要約するとこんな感じです。

 

  • 稼働時間300時間以上やってた自分からすると稼働時間200時間台はまだまだ序の口。
  • この程度で文句言ってるようではこの先やっていけない。
  • 仕事は苦行できついのは当たり前。
  • その苦行によって、人間として鍛え上げられてると思え。
  • 人間として鍛え上げてるんだから感謝をもって働け

 

営業の言葉のひとつひとつが心の奥底に刻まれました。

 

 

f:id:UrushiUshiru:20170928221456j:plain

拳が熱くなってきましたぞ☆

 

実際には手を出すこともなく、だんまりを決め込みました。

徹夜明けで疲労が溜まっていたというのもありますが、

 

人って本当に頭に来ると何も話せなくなるんですね!

 

何の進展もなくただ説教されるだけでした。

なんで説教されなくちゃいけないんですかね?

 

明日にでもバックレてやろうと思いましたが、まだ転職の事も考えて我慢しました。

でも、3年と言わず、年内には辞めてやろうと思いました。

 

今思えば、この時に内容証明郵便で退職届を送りつけ、さっさとIT業界からおさらばすればと後悔しています。

どうせ長く続けても転職に有利になるわけでもないのだから・・・。 

 

 翌日のレビュー・・・

2徹明けの翌日、上司Kと手順書のレビューを行うことになりました。

なんとか追加の手順書8つ分も終わらせましたが、まだ、接続方法が分かっていませんでした。

 

小一時間ほど上司Kとも接続方法を探してみましたが解決することはありませんでした。

 

う~ん、どうしよっかねえ?手順書修正しつつ探してみて?

 

はい

 

手伝う気はさらさらないんですね・・・。

 

 

部長と緊急の会議

レビューを終え、手順書修正をしつつ接続方法を探していると上司Kから連絡がありました。

 

急遽、上司Kと上司Kの上司であるW部長と夜の9時から会議が開催されることになりました。

 

サーバの構築作業だけど、3日前倒しになって、来週の月曜日になったんだよね

 

で?進捗の方はどう?

 

来週の月曜って、今日金曜日だぞ!

いつもこの会社は連携が遅すぎる・・・。

 

それがですね、一応、手順書と検証の方は手順書承認チームのレビュー中でして・・・

 

ちょっとPCとサーバの接続が上手くいかなくて・・・

 

え?どういうこと?

 

漆君説明して!

 

はい・・・構築の際、PCとサーバを接続すると思うんですが・・・(以下略

 

なんで繋がんねーんだよ!!ああ!?

 

こっちが聞きたいくらいだわ!!

 

じゃあ、どういうスケジュールで月曜の構築作業に間に合わせんだよ!!

 

土日で問題解決も含めて終わらせて、月曜日の構築作業に間に合わせます

 

家に帰れないどころか休日すら無くなってしまった・・・。

0だったやる気がマイナスになった・・・。

 

翌日の土曜日

土曜日の夕方頃。

流石に無理があるスケジュールと判断されたのか、来月の末に延期になったと、W部長から連絡があった。

 

後日

Rさんがインド出張から帰ってきたとき。

Rさんから衝撃的な事実を言い渡された・・・。

 

ああ、繋がらないのですか?

 

そりゃあ、繋げられないようにこっちが用意した設定ファイルで設定変更していたんですよ。

 

教えておけばよかったですね。

 

早く言えよ!!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

残業徹夜休日出勤の毎日で、一切誰も助けてくれないどころか、理不尽な説教までされて、突然のスケジュール変更で前倒し。

唯一の救いは延期になった事だけ。

 

これはノンフィクションではなく、

これが私のIT業界に居たときの実体験です。

これからもこのような救いようのない実体験を書いていこうと思います。

 

おわり。

f:id:UrushiUshiru:20171001231216j:plain