埼玉県三郷市の源泉かけ流し温泉「早稲田天然温泉 めぐみの湯」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ここ最近クソ寒いですよね。⇐冬なんだから当たり前だろ。

日本海側は、電車が雪で埋まって立ち往生してるくらい大雪なくらい寒いですし。

www3.nhk.or.jp

 

 

 私は、1月の初めころに新潟&群馬の山奥に行ったのですが、この時も雪で線路が埋まり、線路わきに雪の壁が出来てるくらい大雪が凄かったです。立ち往生どころか遅延が一切無かったですが。

あんな民家も見当たらないような山奥で立ち往生したらと思うとゾッとしますね。

www.itjigoku.com

 

話題が脱線してしまいましたね!

 

こんな寒い時には、温泉入って温まりたいですよね?

 

別に入りたいと思えないし、自分の家の風呂で十分

 

私、他の人に裸見られるの嫌なんで、温泉はちょっと・・・

 

・・・

 

うん、みんな入りたいってことですね!!!

 

でも、温泉地って遠くないですか?

首都圏近郊だと特に。

 

近くても箱根とか湯河原とか熱海とか・・・。

別府行きたい・・・。

 

でも、首都圏近郊にも温泉あるんですよね。

それも源泉かけ流し!!

 

そこは、埼玉県三郷市にある「早稲田天然温泉 めぐみの湯」という温泉です。

埼玉県三郷市とか、住宅と田畑しかない所、そもそもどこそれ?という2つ意見しかでないと思います。

※東京都葛飾区の隣です。

 

私もそうでした。

まさか、あんな住宅地のど真ん中に源泉かけ流しの温泉があるだなんて・・・。

 

ということで、今回は、「早稲田天然温泉 めぐみの湯」を紹介します!!

 

アクセス

f:id:UrushiUshiru:20180112231550j:plain

最寄り駅は、よく遅延して電車がボロいことで評判の武蔵野線の新三郷駅と

 

f:id:UrushiUshiru:20180112234237j:plain

これまた、よく遅延して電車がボロいことで評判の武蔵野線の三郷駅です。

 

なんで2つの駅が最寄りなの?って思われるかもしれませんが、今回紹介する温泉は、丁度この2駅の中間にあるんですよね。

どちらから歩いても徒歩20分なんですよ。

 

f:id:UrushiUshiru:20180112234928j:plain

本当の最寄りは、仁蔵南という東武バスの停留所になります。

ちなみに、このバス停に向かうには、4通りの方法があります。

  • 新三郷駅から路線系統「金52 金町駅」「金54 金町駅」「三09 三郷駅」のバスに乗車
  • 三郷駅から路線系統「金52  みさと団地」「金54 新三郷駅」「三09 新三郷駅」のバスに乗車
  • つくばエクスプレス三郷中央駅から路線系統「金52  みさと団地」「金54 新三郷駅」のバスに乗車
  • 常磐線金町駅から路線系統「金52  みさと団地」「金54 新三郷駅」のバスに乗車

 

f:id:UrushiUshiru:20180113000656j:plain

仁蔵南から新三郷駅方面に歩き一番最初の交差点を右折します。 

 

f:id:UrushiUshiru:20180113000934j:plain

トンネルをくぐって

 

f:id:UrushiUshiru:20180113001042j:plain

三叉路を左折して、すぐに右折します。

 

f:id:UrushiUshiru:20180113111239j:plain

温泉施設の近くの下水のグレーチングからは湯気が立ってます。

ここは、温泉街ではなく、どこにでもある住宅地のど真ん中。

ここだけ見ると温泉街に来たような気分になりますね。

 

f:id:UrushiUshiru:20180113001557j:plain

右折してすぐの所に、今回紹介する「早稲田天然温泉 めぐみの湯」があります。

 

館内&温泉

入り口で靴を脱いで、100円投入して鍵をかけるタイプの靴箱に入れます。

※開錠すると100円は戻ってきます

そのあと券売機でチケットを購入して受付に見せます。

(平日大人1000円・子供400円、土日祝大人1100円・子供500円)

エレベータか階段で2階に上ります。

 

f:id:UrushiUshiru:20180113003241j:plain

エレベータを降りて、右側の通路をまっすぐ進みます。

左側を進むとはずれで、世紀末へ向かいます。

 

f:id:UrushiUshiru:20180113002823j:plain

エレベータを降りてすぐのところに食堂もあるので、昼食や夕食を食べることが出来ます。

私はいつもここに来る途中で昼食を取るので、ここで食事をしたことはありません。

 

f:id:UrushiUshiru:20180113002424j:plain

そして、更衣室&浴室です。


当然の事ながらここから先の写真はございません。

おじさん、お爺さんを盗撮した罪で捕まっちゃう!!

この温泉の浴室の写真はを参照してご想像ください。

onsen.nifty.com

 

 

温泉は、内湯の温泉、ぬるい白湯、水風呂、サウナと露天の温泉です。

内湯の温泉は、大きめのぬるめの湯舟と、ちょっと小さめの熱めの湯舟があります。

露天は、大きな岩風呂が三等分されていて、手前が浅く熱め、真ん中が深い熱め、奥が深いぬるめの温泉になってます。

サウナはテレビ付きでそんなに広くはありません。

 

 女湯はどのようになってるか分かりませんが、たぶん同じでしょう。

どう足掻いても野郎は女風呂に入れないんでね!!

 

温泉は、加温も循環もしてない源泉かけ流しで、黄土色に泥水のように濁ってます。

かなり鉄の匂いがして、すごくしょっぱいです!!

源泉かけ流しって感じがビンビンします。

 

私は、温泉や戦闘で「温泉⇒水風呂⇒温泉⇒水風呂・・・」という交互浴という名の無限ループを繰り返す生態であるの、ついつい長風呂になってしまいました。

なんだかんだ2時間近く浸かってたと思います。

 

風呂上りは、シャワーを浴びても、ちょっとベタつきを感じて、鉄臭さが残ります。

それくらい濃いんでしょうね。この温泉。

 

 

濃い泉質の温泉だからか、長風呂だったからか分かりませんが、寒空の中バスを待っていてもポカポカでした。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

首都圏近郊に住んでいても、日帰りで、手軽に源泉かけ流しの温泉に入ることが出来るんですよ!!

 

 それも、加温も循環もしてない源泉かけ流しです

 

 

首都圏近郊みなさんは、是非とも行ってみては如何でしょうか?

 

神奈川県だったら、三郷市に行くより箱根に行った方が近くない?

 

・・・

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!