3連休中、3日間で資格を取らされたことの顛末

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

みなさん、クリスマスはいかがお過ごしでしょうか?

家族や恋人と過ごしておられるリア充爆ぜろ!方も多いかと思います。

 

私は、クリぼっちを堪能しておりました。

www.itjigoku.com

 

クリぼっちを堪能と言うのもおかしいですが、社会人(IT土方)になってから、この時期になると必ずと言っていいほど、休日出勤させられて終電や徹夜で働かされました。

この時期になると必ず「リア充爆発しろ!」とか言うモテない大学生すら嫉妬の眼差しで見るくらい、寂寥感と虚無感に苛まれるような、最底辺のクリスマスを送っておりました。

 

 

今回は、そのうちのひとつ。

入社してたの私が、12月の3連休中の3日間で、無休かつ無給で会社に通いながら資格を取らされた話を綴っていきます。

 

 3連休前の金曜日

「明日から3連休だー!」と、入社したてにも関わらず、休日しか生きがいのない、しがない客先常駐員であるIT土方のわたくしは、明日の3連休が楽しみで意気揚々と帰宅していました。

乗り換えで、ホームで電車を待っていた時、社長直々に電話がかかってきました。

 

漆君、今大丈夫?

 

はい

 

明日から3日間でCCNA取得して欲しいんだよね

 

だからさあ、明日から3連休中の3日間で会社でCCNAの勉強会やるから来てくんない?

 

社長直々にCCNAの勉強会のお誘いという名の強制参加の命が下りました。

客先(派遣先)で休日出勤がある場合を除き、このお誘いを断ると、自社での評価が下げられ、少ない昇給が無くなり、ただですら少ない給料が下げられてしまいます。試用期間の場合はクビです。

それが、客先でどんなに評価が高くてもです。(客先の良い評価は一切自社からの評価に加味されない)

我がブラックIT企業では、社長及び、経営陣の命令は絶対なのです。

 

勉強会があるのは分かりましたが、このCCNAって3日間で取得できるものなんでしょうか?

 

Oさんが、CCNAの過去問持っていてさあ、この過去問ひたすら覚えれば3日間で取得できるよ!

※Oさん・・・自社の人事担当。IT系専門学校の元講師でもある。

 

それに、今までこの過去問で落ちた人誰一人も居ないからね!

 

あ、はあ・・・

 

ということで、明日9時に出社して

 

はい・・・

 

こうして、急なお誘いという名の強制参加の勉強会によって、私の3連休は無くなりました。

IT土方の数少ない楽しみの3連休が!!!orz

 

しかし、資格が取れるならまあいっかと、そういう風に当時は考えていました。

 

CCNAとは

シスコシステムズという、ネットワーク機器メーカーが主催しているネットワークの資格です。

シスコシステムズのネットワーク機器(Ciscoルータ、Catalystスイッチ)の取り扱い方とネットワーク技術の基礎力を計る資格です。

 

受験料が42,768円と高額で、有効期間が3年と、シスコシステムズの金儲けのための資格とも言われています。その一つ上のCCNPも受験料116,640円有効期限3年間と言うおまけ付き。

 

こうしてIT土方が資格貧乏になっていく元凶のひとつでもあります。

 

勉強会1日目

午前中は、Oさんという、我がブラックIT企業の人事担当でIT系専門学校の元講師である人から、ネットワークの基礎とこの会社の愚痴に関する講義がありました。

この勉強会のメンバーは、Oさんと、私、他の新入社員の3人でした。

ネットワークの基礎の基礎とIPアドレスの計算方法と我ブラックIT企業の闇を学んで午前の講義は終了です。

 

午後は、OさんからCCNAの過去問を渡され、ひたすら暗記するというものでした。

これだったら、もう自宅に帰っていいよね?って気分でしたが、落ちると受験料が自腹になってしまうので、必死になって暗記しました。

 

そして、自宅に帰ってもひたすら勉強・・・。

手取りどころか額縁すら20万に届かない薄給激務の我が社では、4万円の出費はかなり痛いし、そもそも今月乗り切れるのか怪しいので回避しなければならいので必死です。

 

勉強会2日目

この日は、会社に出社してCCNAの過去問をひたすら丸暗記するだけで終わりました。

これだったら、自宅でやるのと一切変わらず、わざわざ会社に出社する意味はなんだったんでしょうか?

片道1時間の通勤時間が無駄です。

 

そうして、今日も今日とて自宅に戻ってひたすら勉強です。深夜まで勉強です。

世間様は、クリスマスシーズンの3連休で、カップルで過ごす人、家族で過ごす人、カップルを僻みつつ非モテアピールをしつつネットに君臨する人で溢れかえっています。

かたや、わたくしは、無休かつ無給で会社に通いながら勉強漬けの日々。おまけに受験に落ちたら4万円の罰ゲーム

虚無感と空虚感に苛まれ、目から汁が・・・。

 

勉強会3日目&受験日

この日は、夜にCCNAの受験があます。

それまでは、会社に出社して、罰金4万円と初の不合格者になる恐怖に怯えながら、戦々恐々とひたすら過去問を丸暗記していました。

過去問丸暗記なら、わざわざわ、出社する意味あったのかな?

試験会場集合でも良いと思いますが・・・。

 

CCNA受験

会社から電車で移動して試験会場のあるビルに到着しました。

すぐ試験会場に連れられ試験開始かと思いましたが、Oさんがギリギリになって受験の手続きを申請したせいで、手続きにてこづり、試験会場に入るのに1時間くらい待たされました。

 

受験は、受験用のPCを操作して回答していく方式でした。

この受験用のPCが曲者で、よくエラーを起こして、係の人を呼ぶというアクシデントがありました。

 

そんな状況ですが、私を含めて3人、無事合格しました。

しかし、1人がこの受験用PCのトラブルで制限時間をオーバーしてしまい不合格になってしまいました。

 

不合格となった人は、そのトラブルによる返金どころか、次回受験料無料にもならず、受験料4万円が自腹になった上、初の不合格者の称号を授与されるという、泣きっ面に蜂の状況だったようです。

ちなみに、不合格者の人も翌月に自腹で再受験して合格したようです。

 

CCNA取得者の今後

こののCCNA勉強会で3人、後からの合格者1人、計4人のCCNA取得者が出ましたが、1人は作業員の調整の仕事、1人はパケット監視、1人はテレサポ、1人(私)はサーバー構築と、CCNAの知識がほとんど生かされない職場へ派遣されるという結末になり、何のための資格取得だったのか自問自答することになりました。

 

そして、その合格者の4人中、2人はこの業界に嫌気がさしたのか1年以内に別業界に転職し、1人は、SESという名の実質IT専門派遣業への脱出を図るべく同業他社へ転職するも失敗し、IT土方を辞め、IT業界(特にSIer)に就職したことを激しく後悔し、二度とIT業界(特にSIer)に就くまいとブログで恨み節を書き綴っている次第でございます。(それ私)

 

最後の1人は、どうなったか知りませんが、3年以内の離職率が80%のブラックIT企業ですので、とっくに辞めていると思います。

 

まとめ 

いかがだったでしょうか?

クリスマスシーズンの3連休中、3日間で資格を取らされ、資格とはほとんど関係のない仕事に従事させられるという結末になりました。

IT業界、特にSESという名の実質IT専門派遣業ではよくあることで、希望の職種に就けることはほとんど無い(プログラマ志望で入社してもプログラマになれない)と思っておいた方が良いです。

 

そして、せっかく資格を取ったんだから、次に繋げようだなんて馬鹿な真似はやめましょう。 

この業界は、下請けと末端(SES)だけの流動性が高いので、転職地獄に陥るだけです。

私自身そうなりましたし、下請けや末端でIT土方として働き続けてる人で転職地獄に陥ってる人を多く見かけます。

 

 次に繋げようだなんて言ってくる人は、この業界の実態をよく分かってない素人か、自分が置かれている今の現状を把握できていない、もしくは、目を背けている愚かなIT土方だけです。

 

あなたはこんな業界に入ってスキルの安売りをしたいですか?

 

そういうことだから、こんな業界に入るのはやめておきましょうね!!!

 

久しくIT土方ネタを書いたようだけど、やっと書いたかって感じだね

 

今回の記事は、このクリスマスの時期に書いてやろうと思っていたネタなんですよ

 

明日も、クリスマスシーズンに酷い目に遭ったIT土方ネタを披露します

 

ボーナス無し!休み無し!尊厳無し!で働かされるIT土方の実態を思い知るがいい!!

の記事を見ていただければよく分かると思います。

www.itjigoku.com

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!