越後湯沢に行ってきましたの!【その2】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

みんなー!うしるだよー☆

 

今回は前回に引き続き越後湯沢に行ったときの模様をお送りしちゃうの!

www.itjigoku.com

 

リフトで頂上?に登ったので散策してみますの!

f:id:UrushiUshiru:20180730022650j:plain

この近くに高山植物園なるものがあるので行ってみようと思います・・・。 

 

f:id:UrushiUshiru:20180730215103j:plain

折角リフトで登ったのにまだ下っていくようです・・・。 

 

f:id:UrushiUshiru:20180728223553j:plain

下っても下っても舗装されてるようなされてないような山道が続いてました。

最終のロープウェイが17時とあと2時間くらいしか無いし、山で風が遮られて暑いので高山植物園に行くのは諦めました。

 

べ、別に行くのが面倒になったわけじゃないんだからね!!

 

 

f:id:UrushiUshiru:20180730215900j:plain

 はあ・・・この坂道まだ上るでござるか・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20180728223756j:plain

また坂を上って同じところに戻ってきました。

 

f:id:UrushiUshiru:20180730220536j:plain

 湯沢高原にはサマーボブスレーを体験できるコースがあるのですが、三十路近いおっさんが1人でボブスレーっていうのもねえ・・・?

 

ビジネスカジュアルでばっちり決めたおっさんが1人ボブスレーしてたよ!

 

更に登ってみますの

f:id:UrushiUshiru:20180728223838j:plain

今度は更に上に登ってみようと思います。

 

f:id:UrushiUshiru:20180728224249j:plain

 ちょっと坂を上るとウッドデッキでできた展望台があって、ロープウェイ乗り場よりも綺麗に越後湯沢の街が一望できました。

山々が綺麗ですね~。

 

f:id:UrushiUshiru:20180728224342j:plain

更に登っていきます・・・。

 

坂がきついんだお・・・ 

 

f:id:UrushiUshiru:20180728224543j:plain

冬はスキー場なだけあってリフトがたくさんあるのですが、今の時期は運休中なのでひたすら徒歩で上っていくしかありません。

標高800m以上だと空気が薄いのかかなりしんどいです・・・。 

 

f:id:UrushiUshiru:20180728224454j:plain

 坂を上っていくと立ち入り禁止の看板が立ってました。

これ以上先には登れないようです。

 

f:id:UrushiUshiru:20180728224816j:plain

ここは運休中のリフトの頂上らしいですね。 

結構登ったのかきれいな景色ですね~。正直リフトが邪魔かなって思ってしまいましたが。

 

f:id:UrushiUshiru:20180728224853j:plain

休憩がてら景色を眺めていると、ブルドーザーらしき謎の乗り物が目の前の急な斜面を登ってきて、立ち入り禁止の看板あたりで森の中に消えてきました。

どこへ向かうのでしょうか?

 

f:id:UrushiUshiru:20180728224923j:plain

雪が無いと前々スキー場っぽく感じないのですが、ここから下の方を見るとそれっぽい感じがしますね~(⇐当たり前だろ)

 

f:id:UrushiUshiru:20180728225009j:plain

これ以上、上に登れないと分かったら降りるしかないですね~。

 山で風が遮られて暑いですからね~ここ。

 

f:id:UrushiUshiru:20180728225135j:plain

夏のスキー場ってこんな感じになってるのね・・・。

スキーなんて人生で1回しか行ったこと無いんですけどね! 

 

f:id:UrushiUshiru:20180728225423j:plain

エーデルワイス」っていうレストランの前にやってきました。(建物の写真撮るの忘れた)

建物の傍にベンチがあったのでそこで休憩です。

標高が高くて空気が薄いからなのか坂が多いからなのかすごく歩き疲れましたねえ・・・。

 

f:id:UrushiUshiru:20180728225722j:plain

ちなみにレストランエーデルワイスはこの写真に山の上にある建物です。

 

f:id:UrushiUshiru:20180728225512j:plain

 先程、立ち入り禁止の看板が立ってた道を進んで行くと標高1170mの山頂に行けるらしいですよ。それにしても、なんで立ち入り禁止だったんだろう・・・。

この案内板には立ち入り禁止なんて一切書いてないのですし・・・。

 

f:id:UrushiUshiru:20180728225557j:plain

ロープウェイ乗り場からバスがやってきました。 

ロープウェイ乗り場からバスが出ているのですが、どこへ向かってるんだろうって思ってましたが、まさかこのレストランに向かってる訳じゃないよね?

 

f:id:UrushiUshiru:20180728225834j:plain

 と思ったらここでバスは乗客を降ろして折り返しロープウェイ乗り場に向かっていくようです。

この距離だったら別にバス要らなくないですか?って思ってしまうのは私だけでしょうか?

 

f:id:UrushiUshiru:20180728230051j:plain

お昼に食べたトンカツでお腹いっぱいでレストランには用は無いのでロープウェイ乗り場に戻ります。

さっきレストランの前に止まっていたバスが、私を追い越して先にロープウェイ乗り場に到着していきました。

 

いっそのことバスに乗れば良かったかな?タダだし

 

f:id:UrushiUshiru:20180728230931j:plain

 ロープウェイ乗り場に戻ってきました。

 

f:id:UrushiUshiru:20180730233444j:plain

登ってきた時のは気付きませんでしたが、乗り場の前には足湯がありました。

これからロープウェイで降りて温泉に入る予定ですので入りませんでした。

 

うしるきゅんは足湯じゃなくて全身浴したいの!

 

f:id:UrushiUshiru:20180728230858j:plain

 ロープウェイは20分に1本という驚異的な少なさなので待つことに・・・。

山がきれい・・・。

 

温泉に向かいますの!

f:id:UrushiUshiru:20180728231039j:plain帰りのロープウェイがやってきました。

 

f:id:UrushiUshiru:20180728231117j:plain

ロープウェイの中は こんな感じで広々としてます。

写真に写ってるのは車内の半分なのでもっと広いです。

 

f:id:UrushiUshiru:20180728231159j:plain

 車内は婆さん集団がキャッキャウフフうるさいですが山が綺麗ですね~。

 

f:id:UrushiUshiru:20180728231749j:plain

 到着しました。

 

f:id:UrushiUshiru:20180728232432j:plain

それでは温泉に向かいます。

 

越後湯沢に来た理由の半分はトンカツ、 もう半分は温泉なんだお☆

 

f:id:UrushiUshiru:20180728232642j:plain

今の季節(6月)は雪が無くて歩きやすいですね~。 

 

f:id:UrushiUshiru:20180728232852j:plain

1月に行ったときは背丈くらいの雪の壁が出来ていて、融雪用のスプリンクラーの水で地面がグチャグチャ、凍ってツルツルしてる箇所が多くて歩きにくかったです・・・。

 

f:id:UrushiUshiru:20180728233014j:plain

 歩いて15分。いよいよ温泉の建物が見えてきました。

 

f:id:UrushiUshiru:20180729192825j:plain

実はこの温泉1月に行ったことがあるのですが、融雪のスプリンクラーの水で地面がグチャグチャでこの階段上るの大変ですたね・・・。 

 

f:id:UrushiUshiru:20180730023707j:plain

1月に行ったときはご覧の有様だよ!

 

山の湯に入浴しますの♪

f:id:UrushiUshiru:20180729192901j:plain

次の目的地「山の湯」に到着しました。

yuzawaonsen.com

 

入湯料500円を支払い脱衣所に直行。

帰宅時間と重なったのか、会社帰りと思しきおっさん、爺さんでちょっと混んでました。

1月のスキー客であふれていた時よりはマシですが・・・。

 

ここの温泉狭いんだよなあ・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20180709181610j:plain

3人娘の貴重な入浴シーン

当然だけど浴場の写真は無いから3人娘の入浴シーンで我慢してね♡

 

浴場は小さな湯舟がひとつあるだけの簡素なものです。

そしてシャワーは無く、カランから出る熱いお湯と水を調整しながら体を流す方式です。

温泉というよりは公衆浴場、銭湯って感じです。

 

湯舟は6畳あるかないかくらいの小さなもので数人は居るといっぱいになります。

お湯はちょっと熱めで無色透明で無臭です。源泉かけ流しの硫黄泉らしいですが前々硫黄臭さが無いですね~。

泉質はちょっとピリっとするけど柔らかい感じ。温泉特有ヌメリも感じて気持ちいですね。

 

なんだかんだ30分くらい浸かったよ☆

 

f:id:UrushiUshiru:20180730024052j:plain

建物の中には4畳ほどの休憩スペースがあるので休憩していきます。

 

一休み・・・一休み・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20180730023930j:plain

同じ所から1月に撮影した写真があるのですが、見比べてみると本当に酷い積雪だなあって実感しますね。

 

越後湯沢駅に戻りますの!

f:id:UrushiUshiru:20180730023020j:plain

 休憩スペースでもなんだかんだ30分くらいダラダラしてました。

帰るために越後湯沢駅に戻ります。

 

f:id:UrushiUshiru:20180730022911j:plain

日が沈むと寒いですね・・・。

風が冷たくて半袖だときついです・・・。 

湯冷めしそう・・・。

 

f:id:UrushiUshiru:20180730023123j:plain

山の湯からはガーラ湯沢駅が一番近いのですが、冬季限定の臨時駅なので越後湯沢駅に戻るしかないのです・・・。

 

f:id:UrushiUshiru:20180730023608j:plain

 近いと言っても冬はこんな雪の壁で覆われた歩道を10分くらい歩く羽目になるからなあ・・・。

 

f:id:UrushiUshiru:20180730024431j:plain

 駅に向かって歩いてると「ベンリ」というレンタルスキー屋がありました。

ベンリって安直過ぎやしませんか・・・?

 

f:id:UrushiUshiru:20180730024706j:plain

駅の近くまで来ると近くの温泉旅館の宿泊客と思しき人が歩いていて、やっぱり温泉街なんだなあ実感しますね。

昼間はびっくりするほど人が歩いてないんだもの・・・。

 

越後湯沢駅に着きましたの

f:id:UrushiUshiru:20180730024857j:plain

越後湯沢駅に戻ってきました。

さて、ここで夜ごはん食べて帰ろう! 

 

f:id:UrushiUshiru:20180730025004j:plain

えええええええ!もう閉まっちゃってるの!!

 

まだ19時過ぎなのに土産物売り場もエキナカのレストランも全部閉まってました・・・orz

むしろ飲食店これからなんじゃ・・・。

 

f:id:UrushiUshiru:20180730025055j:plain

 利き酒もしたかったのにしまっちゃってるよ・・・orz

 

f:id:UrushiUshiru:20180730025601j:plain

仕方ないので駅周辺を散策して店を探そうと思います。 

 

f:id:UrushiUshiru:20180730025643j:plain

無いのでちょっと怪しげな地下道を通って線路の反対側へ・・・。 

 

f:id:UrushiUshiru:20180730025714j:plain

うーん、腹もペコちゃんだし夜食でも食って一息つくこともままならないのか・・・。

居酒屋ぐらいしかなかったので駅周辺を一周して腹を空かせて終わりでした・・・。

 

帰りますの

f:id:UrushiUshiru:20180730030040j:plain

仕方が無いので駅の売店でおにぎりを買って新幹線で食べることにします・・・。 

 

f:id:UrushiUshiru:20180730030159j:plain

新幹線は全席満席でなんとか座ることが出来たのですが、隣に座ってたおっさんが1人晩酌を始めた挙句、大音量のいびきで寝るという鬼畜な所業のせいで、くそみそな結果に終わってしまった旅行であった・・・。

 

まとめ

うしるきゅんが引っ越しちゃったから、いよいよ次回で関東編が終わっちゃうの・・・

 

新幹線に乗って関東の近場に旅行するって言うのは今回が最後だよ・・・

 

悲しいけど東北編が始まるからよろしくね・・・

 

 なんか眠くなってたからおやすむなさい・・・

 

( ˘ω˘ )スヤァ・・・

 

・・・

 

東北編始まるといいですね・・・

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!