九州と四国を周ってみたことの顛末【10日目】【その1】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

先日は、高知のひろめ市場で昼食を取り、徳島に移動して、徳島ラーメンを食べ、寺院がたくさんある山と寂れたシャッター商店街を散策しました。

www.itjigoku.com

 

f:id:UrushiUshiru:20180326202635j:plain

今日は最終日です。

今夜に夜行バスで東京に帰ります。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326203030j:plain

徳島駅にやってきました。

今日は徳島を出ます。昨日散々観光したしね。

夜には戻ってきますが。

財布とか必要な荷物だけ持ち出して、あとは駅のコインロッカーに預けました。

土産とかで荷物が増えてリュックが重くなったのだった。

 

鳴門線で鳴門駅へ

f:id:UrushiUshiru:20180326202807j:plain

徳島に来たなら、渦潮でも見てみようと思うので、まずは鳴門線で鳴門駅へ向かいます。

帰りの夜行バスでも通るんだけどね。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326204829j:plainやけに川幅が広い川を渡っていきます。

遠くの方に見えるのは海?

 

f:id:UrushiUshiru:20180326204731j:plain

 田園の広がるのどかな所をゆっくりと走行していきます。

海の近く走るもんだと思ってたよ。

 

鳴門に到着

f:id:UrushiUshiru:20180326205210j:plain

 ロードバイクで本気出したら追い越せそうなくらいゆっくりとしたスピードで終点鳴門駅に到着です。

徳島駅から乗車した乗客のほとんどはこの駅まで乗り通してました。

みんな目的は一緒か。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326205618j:plain

ここから路線バスで大鳴門橋に行こうと思うのですが、大鳴門橋の近くに昼食取れるような所が無さそうだったので、駅周辺で食べて行こうと思います。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326205957j:plain

ネットで、鳴門駅近くに鳴門うどんと魚が食べられる店があるという情報を知ったのでそこで昼食にします。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326210225j:plain

今日は定休日であった・・・orz

福岡でも鹿児島でも同じ展開があったよ・・・。

この旅で3度目の店が営業してないです。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326210506j:plain

その場でスマホで調べて駅に戻ってそのこからちょっと先に行った所にも、鳴門うどんが食べられる店があるようです。

まだ駅の方に戻るのか!!

 

たむらうどん

f:id:UrushiUshiru:20180326210616j:plain

たむらうどん」といううどん屋で昼食にします。

ほぼ外観が民家なんですけど・・・。

のぼりが無かったら分からなかったよ・・・。

 

関連ランキング:うどん | 鳴門駅撫養駅

 

 

f:id:UrushiUshiru:20180326211339j:plain

セルフ式で、レジ近くの棚に天ぷらやおにぎりが置いてあり、天ぷら1個60円、おにりぎり1個70円と言う破格で売られてました。

丸亀製麺だとそれぞれ1個100円以上するのに安いね!

 

お盆におにぎり2つを取って、レジの前で「肉うどん大」を注文しました。

レジの前で提供されるのを待っていたら店員に「席で待ってください」と言われました。

後払いなの?

丸亀製麺の感覚で前払いだと思ってたよ・・・。

と思っていたら食べ終えた客がレジで会計をしてました。

そこで客が「かけうどんと天ぷら2つとおにぎり1つ」と自己申告して会計してました。

自己申告なの?

絶対、おにぎりとか天ぷらの個数を誤魔化す奴いるよね?

 

f:id:UrushiUshiru:20180326212736j:plain

ふりかけおにぎりと昆布のおにぎりを先に食べます。

どちらも普通のおにぎりですが、店で食べるおにぎりというより家で食べるおにぎりのような懐かしい感じのおにぎりでした。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326213119j:plain

肉うどんがやってきました。

うお!美味そう!

この肉うどんも破格で大盛りで480円です。

丸亀製麺だとカレーうどんの並盛すら食べられないよ!!(肉うどんは無い)

 

スープは、うすい茶褐色で肉の出汁が出ていて脂が浮いてます。

徳島ラーメンのスープを薄くしたような色合いです。

肉は玉ねぎと一緒に炒められたものでほんのりと甘みがあり柔らかいです。

スープも肉の出汁でほんのりと甘くちょっとこってりとした味わいです。

 

麺はかなり柔らかくあまりコシをあまり感じませんでした。風に時に食べたい柔らかさ。

しかし、この麺に肉の出汁が出たスープを染み込んでいて美味しいですね。

鳴門のうどんはこんなに柔らかいのでしょうか?

香川(高松)でうどんを食べた時はコシが凄かったのですが。

 

路線バスで大鳴門橋へ

f:id:UrushiUshiru:20180326221224j:plain

鳴門駅に戻ってきました。

ここからバスで大鳴門橋まで向かいます。

バスには中国人観光客がたくさん乗ってました。

どこにでも居るね中国人。

 

 

f:id:UrushiUshiru:20180326221736j:plain

住宅街を走っていたバスは、角を曲がると海が見えてきました。

そこから坂を上り小鳴門橋を渡っていきます。

まさか路線バスも橋を渡るとは思いませんでした。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326222356j:plain

橋を渡ると海沿いの道路を走行してきます。

いい景色♡

 

f:id:UrushiUshiru:20180326222513j:plain

大鳴門橋の最寄りの終点「鳴門公園口」に到着です。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326223226j:plain

このバスの運転手の髪型がトランプ大統領にしか見えませんでした。

まさか、この世にあの髪型をした人が2人以上居るだなんて!!

 

f:id:UrushiUshiru:20180326224345j:plain

バス停から階段を上ると大鳴門橋と淡路島が見えます。

渦潮見られるかな?

 

f:id:UrushiUshiru:20180326224803j:plain

「渦の道」という大鳴門橋から海を展望することができる施設から鳴門海峡を見ようと思います。

大鳴門橋に来たのはこのためさ!

 

f:id:UrushiUshiru:20180326225012j:plain

超寒みぃいいい!!

吹きさらしの橋の下を通っていくのでめちゃめちゃ寒い・・・。

風が痛いよ・・・。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326225521j:plain

灯台のある無人島が見えます。

こんな所によく建てようと思ったね。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326225745j:plain

床に窓があって橋の下が見れるところがあります。

落ちないと分かってるのに怖いね。

下はゴツゴツした岩なので落ちたら確実に死ぬね・・・。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326230130j:plain

暖房の効いた部屋があるのでは?って思ってましたが、そんなものはありませんでしたorz

超寒い!!

 

f:id:UrushiUshiru:20180326230940j:plain

明石大橋の見学施設は冷暖房完備の箇所もあったのに。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326231246j:plain

 渦潮が発生しやすい時間らしいのですが、普通の穏やかな海です。

わざわざ船でから見ようとした観光客もがっかりだろうなあ・・・。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326231125j:plain

真上からも渦潮は見えないのであった・・・。

 

Nice boat.

 

f:id:UrushiUshiru:20180326232525j:plain

 景色は綺麗ですね。

特に淡路島の風力発電の風車がいい感じですね。

 

f:id:UrushiUshiru:20180326232858j:plain

寒すぎて、もはや痛いので退散!

次は温泉に行くぞ!!

 

10日目その2につづく!! 

www.itjigoku.com