元IT土方の供述

元IT土方が男の娘バーチャルブロガーとして日々を供述するブログ。

元IT土方の供述

福岡『志賀島』へ金印(漢委奴国王印)を探しに行ってきましたの!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:UrushiUshiru:20191224210204j:plain

みんなー!うしるだよー☆

 

うしるきゅんはねえ!博多埠頭にやってきたんだ!

 

ここから船に乗って玄界灘にある志賀島って言う島に行くんだ!

 

金印(漢委奴国王印)が出土した伝説の島で金印を探しにね!

 

金印は見つけられたのかどうか!?刮目して見てね♡

 

博多埠頭

f:id:UrushiUshiru:20191224210012j:plain

博多埠頭からは志賀島行きの福岡市営渡船で向かいます。

 

お船に乗るのなんて何年ぶりだろう!オラわくわくすっぞ!

 

そもそも、これが2年前な出来事なんじゃがな!

 

それを言っちゃらめええええ!

 

f:id:UrushiUshiru:20191224210122j:plain

志賀島へ向かう船はこれかのう?

 

ノンノン♪違うんだなあ

 

f:id:UrushiUshiru:20191224205818j:plain

この船で志賀島へ向かうんだぞ!

 

こんな漁船みたいなので行くのか?妾は嫌だぞ!

 

もう切符買ったからこれに乗るしかないんだぞ!!ほら!早く乗った!

 

玄界灘に沈められたら、ただでは済まさんぞ貴様!

 

f:id:UrushiUshiru:20191224210100j:plain

中はちゃんとリクライニングシートになっていて、そこらの電車よりちゃんとしたシートでした。

 

ほら!船内は意外と普通でしょ!

 

妾には漁船に無理やり客室を設けたようにしか思えんのじゃが・・・

 

おっおっおっ!

船が小さいので、尻にエンジンの振動を感じます。

 

お!いよいよ出発進行、ナスのお新香だぞ!

 

も、もう出発か・・・沈没しないといいのう・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20191225012042j:plain

うお!なんかでっかい船が停泊してるの!

 

この船なんぞ豆粒くらい小さではないか!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225012104j:plain

どんどん福岡の街から離れていってるぞ!

 

ガクガクブルブル

 

もしかしてビビってるの?

 

び、ビビってはおらぬぞ・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20191225012123j:plain

おー激しい( ^ω^)

沖に出ると小さな船だけあって揺れが激しいですね。

 

ぎゃああああああ!

 

白夜たんうるさいぞ!

 

志賀島にやって来ましたの!

f:id:UrushiUshiru:20191225012331j:plain

30分くらいで志賀島に到着しました。

 

・・・

 

え?白夜たん酔ったの?それじゃあ、うしるきゅんがさすってあげるね♡

 

よーすよーす

 

妾に触るな変態!!

 

グサッ!(←薙刀が刺さる音)

 

あああああああああ!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225012553j:plain

船の小ささとは反対に、志賀島のフェリー乗り場は立派な建物でした。

 

f:id:UrushiUshiru:20191225012628j:plain

志賀島は陸繋島で、1kmの砂州で本土と繋がってます。本土とつながっているので、福岡市の中心街天神へ直通する路線バスが走ってます。

 

船でなくても志賀島に行けたってことじゃな?

 

そうなんだぞ!

 

カチャッ

 

ちょ!ちょ!船で行ったのは福岡から一番早く行けるからだし、こんな小さな船だとは思わなかったの!ゆるちて!!

 

帰りはもちろんバスじゃろうな・・・?

 

イエッスマム!!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225012646j:plain

金印が出土されたとされる金印公園へ向かいます。金印を見つけて億万長者だ!!

 

金印を見つけて億万長者に俺はなる!

 

情報によると大学と市教委の調査で金印が出土された遺構すら無いらしいぞ

 

う、うっそーん・・・うしるきゅんは信じないぞ!絶対あるもん!!

 

キッチンしま

f:id:UrushiUshiru:20191225012834j:plain

腹が減ったので、「キッチンしま」と言う海鮮料理が美味いと評判のお店で腹ごしらえをします。

 

うしるきゅんが億万長者になるのは確定だから、お刺身でも海鮮丼とか奮発しちゃうんだぞ!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225012658j:plain

お刺身定食を注文しました。ちなみにこれだけ付いて1200円なので安いかも。

刺身は、コリコリと歯応えがあって、採れたての魚をすぐに捌いたような新鮮さが特徴でした。

 

貴様の奢りの刺身旨いのう!

 

え?うしるきゅんの奢り・・・だと・・・?

 

貴様は億万長者確定なのじゃろ?1200円なんぞ端金じゃろ!

 

そうなんだぞ!もっとお刺身注文してもいいんだぞ!

 

このATM、ちょろいわ〜

 

f:id:UrushiUshiru:20191225012912j:plain

腹ごしらえも済んだことだし、金印公園に向けて出発しましょう!

 

急ぐで無いぞ、妾は腹が苦しいのじゃぞ

 

人の奢りだからって刺身食べすぎなんだぞ!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225013131j:plain

ひたすら海沿いの道を歩いて行きます。自慢の愛車(ロードバイクちゃん)で走ったら気持ちよさそう。福岡までロードバイク持ってくるのが大変だけど。

 

f:id:UrushiUshiru:20191225013142j:plain

道路からは、海に浮かんだ能古島と福岡の市街地が見えました。

 

f:id:UrushiUshiru:20191225013156j:plain

金印塚といういかにも金印が埋まってそうな名前のバス停を発見しました。

これは近くに金印がある予感!

 

どこだ?どこだ?金印はどこだ!?

 

f:id:UrushiUshiru:20191225013250j:plain

くっそ!1時間に1本か2時間に1本しかバスが来ないぞ!このバス停!!

 

バスの時刻表を見て何をやっておるんじゃ貴様?

 

金印公園

f:id:UrushiUshiru:20191225013303j:plain

工事中・・・だと・・・?

公園の改修工事らしく、公園の中に入るとこができませんでした。ここまで20分ぐらい歩いたのに・・・。

 

もしかして、金印を探している!?ちくしょー!先を越されたー!!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225014104j:plain

おい、うしる!すぐ目の前に無人販売があるぞ!

 

な、なんだって!?修羅の国福岡なのに無人販売があるぞ!壊されていないのは何かしらの秘密が!?

 

f:id:UrushiUshiru:20191225014251j:plain

甘夏(1個50)を無事入手!

 

おい!今、こちらを覗いている車が止まっておるぞ!

 

な、なんだって!?やっぱりクロだったか!!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225014347j:plain

急いで戻れええええ!

 

おい!待て!

 

正規の料金を支払って甘夏を購入したのに、怪訝そうにこちらをジロジロとこちらを凝視していた。何かしらの秘密が隠されているのは間違いない・・・。

 

f:id:UrushiUshiru:20191225014531j:plain

はあ・・・はあ・・・追手は来てないようでござるなあ

 

ぜえ・・・ぜえ・・・ごほっごほっ!

 

白夜たん、こんなにやつれて!まさか刺客から襲撃を!?

 

ただの運動不足じゃ・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20191225014637j:plain

白夜が刺客に襲撃されたわけではないので、次の目的地に向かいます。

 

ほら!白夜たん早く!!

 

あ゛あ゛あ゛・・・ごほっごほっ・・・ま、待つのじゃ・・

 

白夜たん運動不足すぎだぞ・・・

 

志賀海神社

f:id:UrushiUshiru:20191225014713j:plain

次は志賀海神社と言う志賀島で1番大きな神社を調査してみましょう。

 

よし!ここから階段を登るぞ白夜たん!

 

き、貴様・・・後で覚えておれ・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20191225015129j:plain

鳥居の前からクライマックスで急で狭くて長い階段が続いてました。

 

いやあ!うしるきゅんの鍛え上げられたゴリラみてえな脚でもしんどいでござるなあ!

 

はあ・・・はあ・・・ま、待つのじゃ・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20191225015316j:plain

階段を登り切ると、山ノ神と書かれた鳥居と、小さな祠がありました。

 

も、もうたどり着いたか・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20191225015323j:plain

はい!ざんねーん!

 

まだまだ登らないと行けないぞお!

 

なん・・・だと・・・?

 

f:id:UrushiUshiru:20191225020240j:plain

いよいよ楼門が見えてきました。所詮離島の神社だろうと思っていたら案外階段を登らされました。

 

もう!ゴールだぞ白夜たん!

 

ぜえ・・・ぜえ・・・はあ・・・はあ・・・

 

もう!ワンコみたいに、はあはあ言ってる白夜たん可愛いなあもう!

 

撫でてあげるね!

 

なでええええ

 

この妾を犬と侮辱し、果てには貴様の汚れた手で妾の頭部を撫でるとは、万死に値する!

 

グサッ!

 

あああああ!怒る元気はあるんじゃああああん!!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225015617j:plain

境内には、手水舎、お守りが売られている売店、東屋があって、離島とは思えない充実した神社でした。

 

これは金印が封印されているか期待大だぞ!

 

ここで見つけた所で、神社の所有物になるだけなんじゃがな

 

f:id:UrushiUshiru:20191225015413j:plain

拝殿は、少し登った所にありました。

 

よーし!お参りしちゃうぞ!

 

来世はサウジの石油王になれますように!!

 

金印が発見できるように願わんのか?

 

金印見つけるより、来世に期待した方が確実でしょ!

 

確かに、貴様のような落ちこぼれが現世に期待するより、来世に期待した方が確実だしな!

 

ちょ!うしるきゅんはそこまで卑下してないのに酷いよう!!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225015423j:plain

境内からは、志賀島と本土を繋ぐ砂州が見えました。よくこんな細い砂州が沈んだり流されたりしないのか不思議です。

 

わー!志賀島が砂州で繋がってるのが見えるの!しゅごいの!!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225015506j:plain

反対側には相島と言う離島が微かに見えました。

 

f:id:UrushiUshiru:20191225015516j:plain

本殿の裏側も歩けるようになってました。

 

金印ちゃーん出ておいでえ!

 

ほら!うしるきゅん自慢の筋肉見せるからさあ!

 

金印は生き物では無いから読んでも出て来んぞ

 

f:id:UrushiUshiru:20191225020213j:plain

うーむ・・・どこにも金印どころかゴミ一つ落ちてないじゃん!

 

妾が祀られておった神社と大違いじゃな

 

いっつも気になるんだけど白夜たんってどこの神社に祀られてたの?

 

それは禁則事項じゃぞ・・・︎

 

ひいいいいいい!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225020202j:plain

神社にも金印は落ちてませんでした。残念。

 

砂州

f:id:UrushiUshiru:20191225020516j:plain

志賀島と本土を繋ぐ橋の上にやってきました。

 

全然金印見つからなかったね・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20191225020432j:plain

砂浜に落ちてないかなあ・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20191225020445j:plain

砂浜を掘って金印探すぞ!

 

白夜たん!ここ掘れわんわんだぞ☆

 

ほれ、首輪と犬耳カチューシャじゃぞ!

 

犬耳と首輪を付けて妾の忠犬になるか、妾への無礼を死をもって償うか選べ!

 

わ、わおおおおおおん!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225020549j:plain

おい駄犬!まだ金印は見つからんのか!?

 

くぅううううううん!

 

もっともっと穴を掘れえ!

 

わ、わおおおおおおん!

 

誰がチ◯チンをやれと申した!妾は穴を掘れともうしたのじゃぞ、このクッソ汚い淫獣め!!

 

グサッ!

 

きゃ、きゃうううううん!!(服従のポーズなのに酷いようの意)

 

f:id:UrushiUshiru:20191225021215j:plain

はあはあ・・・もう帰ろう・・・こんなに掘っても見つからないんだもん

 

そうじゃな・・・犬耳カチューシャ付けた変態を調教しているのを、通行人にジロジロと白い目で見られて恥ずかしかったわ・・・

 

『志賀島小学校前』バス停

f:id:UrushiUshiru:20191225021247j:plain

バスが来るまで40分くらいで時間があったので始発のバス停の「志賀島小学校前」バス停にやってきました。

 

f:id:UrushiUshiru:20191225021307j:plain

バスは住宅地の駐車場みたいな場所でスタンバってました。

 

f:id:UrushiUshiru:20191225021346j:plain

バスの発車時刻まで20分くらいあったので近くの公園のベンチで待ってました。

 

金印は見つからなかったね・・・

 

そうじゃな(金印をダシに刺身奢らせたから妾は大満足じゃ)

 

金印をダシに刺身奢らせたから満足って思ってない?

 

チッ!

 

やっぱりそう思ってたんだ!お刺身代返してよ!!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225021521j:plain

バスの発車時刻5分前にバス停に戻ったら小学生が並んでました。バス通学とは羨ましいこと。

 

そうじゃ!金印がどこにあるか並んでおる童どもに聞けばよかろう!

 

ちょ!なに言ってんの!?普通に考えてご覧なさいよ!

 

そんなこと聞いたら、防犯ブザー鳴らされるかポリスメン呼ばれるかのどちらかでしょ!

 

チッ・・・これが豚箱送りにできる絶好の好機だと言うのに・・・(ボソッ)

 

ちょっと白夜たん!?

 


志賀島を出発したバスは、海の中道(砂州)を通って本土へと分かっていきます。

 

ほら!バスが砂州の上を走ってるよ!しゅごいの!

 

おっ!駄犬の貴様がここ掘れわんわんしとった穴が見えたぞ!

 

あの羞恥プレイを蒸し返さないで貰えるかなあ!?

 

f:id:UrushiUshiru:20191225021358j:plain

わー!砂浜の横に電車が走ってて、なんかしゅごいの!

 

ところで西戸崎駅で列車に乗り換えなくて良かったのか?天神まで時間かかりそうじゃが

 

最終の東京行きの新幹線までまだまだ時間あるし大丈夫っしょ!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225021638j:plain

思った以上に時間がかかって最終の新幹線に間に合わなそうなので、途中バス停で博多駅に向かうバスに乗り換えです

 

・・・まさかバスで1時間半もかかるとは・・・

 

こうなるんだったら帰りも船で良かったじゃん!

 

貴様が西戸崎で列車に乗り換えなかったのが悪いんじゃろ!

 

・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20191225021659j:plain

あっ!連節バスだぞ白夜たん!カッコイイ!!

 

話を逸らすな!この変態!!

 

グサッ!

 

あああああ!電車に乗り換えなくてごめんなさいなの!ゆるちてえええええ!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225021708j:plain

博多駅までいっそげー!!

 

博多駅

f:id:UrushiUshiru:20191225021739j:plain

あと10分で新幹線出発しちゃうの!早く早く!

 

はあ・・・はあ・・・ま、待つのじゃあああ!!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225021728j:plain

なんとか帰りの新幹線に間に合ったぞ!

 

f:id:UrushiUshiru:20191225021804j:plain

意外と混んでるのね東京行き

 

東京まで乗車するのは貴様だけじゃろ

 

東京駅

f:id:UrushiUshiru:20191225021817j:plain

約5時間で東京駅に到着しました。

快適な部類の乗り物の新幹線でも5時間はキツかったです。

 

f:id:UrushiUshiru:20191225022003j:plain

夕方に出発して到着が夜中とか泣けるよね・・・

 

夜に出発して次の日の真昼間に到着する、はかた号とどちらが泣ける?

 

それは断然はかた号だぞ!

www.itjigoku.com

 

f:id:UrushiUshiru:20191225022210j:plain

そして、金印を見つけることが叶わなかった一行は、電車を乗り継ぎ自宅へと帰ったのであった・・・。

 

金印は見つけられなかったけど、怪しい無人販売で手に入れた甘夏があるぞ!

 

これを切ったら中に金印とか入ってるかなあ?無人販売の前で刺客に狙われてたし可能性は高いよね?

 

こやつ、本当に馬鹿なのでは?(ボソッ)

 

何か言った?

 

いや・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20191225022424j:plain

残念無念!金印は入っておらず、ただの甘夏でした!うーむ、刺客狙われていたのに、ただの甘夏だったとは残念です!

 

ちきしょおおおおお!実が少ねえじゃねえかあ!!

 

実の部分がごく普通のミカンサイズだったのは、実に貴様らしい結末じゃな・・・

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♡