元IT土方の供述

元IT土方が男の娘バーチャルブロガーとして日々を供述するブログ。

元IT土方の供述

温泉津温泉『薬師湯』大正レトロで自家源泉を使っていてる共同浴場に入浴して来ましたの!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

みんなー!うしるだよー☆

 

うしるきゅんはねえ!島根県の出雲駅にやって来たんだ!

 

今回はねえ!島根県大田市にある濃厚温泉「温泉津温泉(ゆのつおんせん)」に行くんだ!

 

刮目して見てね♡

 

 

山陰本線で温泉津温泉駅を目指しますの!

出雲市駅から温泉津温泉へは、JR山陰本線に乗って1時間半ほどかけて向かいます。

出雲駅からは最寄りの温泉津駅まで、浜田方面の電車に乗って向かいます。

 

2時間に1本くらいしか無いから気を付けるんだぞ!!

 

どうしてこんな遠くに泊まったのじゃ!

 

グサッ!←薙刀が刺さる音

 

あああああああ!出雲くらいしか泊まれるホテルが無かったんだよおおおお!!

 

小田駅を出てから山陰本線は、ひたすら日本海を沿って走行して行くので、車窓から海を眺められる絶景ポイントが続きます。

 

ほら見てよ!海が見えるよ!

 

むしろ、車窓が海ばかりで飽きてきたぞ・・・

 

 

温泉津温泉駅にやって来ましたの!

出雲市駅から約1時間半!

温泉津温泉の最寄り駅「温泉津駅」に到着しました。

 

温泉街の最寄りとは思えない駅ですね・・・

 

うんうん♪特急列車も通過して行くような駅だしねえ・・・

 

温泉津温泉は1300年前からある歴史のある温泉なんだって!

 

狸が見つけたって、ぶっちゃけ見つけてないのと一緒だよね!!

 

それでは温泉津温泉に向けて出発進行ナスのお新香!!

 

温泉津温泉は駅から若干離れた所にあります。

 

まずは、駅前の通りを浜田方面に向かって行きます。

 

進んで行くとT字路に突き当たるので右折します。

 

そしてまたT字路にぶち当たるので左折します。

 

右折すると海が見えてきました。

 

ほら見てよ!海が見えて来たよ!!

 

海なんぞどうでもいいわ!早く温泉に入らせろ!今日は暑くて汗だくじゃぞ!!

 

グサッ!

 

まだ半分くらいしか歩いてないよおおおお!!

 

温泉津温泉への行き先が書かれた標識がある通りへ右折します。

 

路地裏みたいな所を進んで行きます。

進んで行くとすぐに十字路に突き当たるので右折します。

 

そして路地裏みたいな所を真っ直ぐ進んで行きます。

 

まったく温泉が見当たらないぞ・・・本当にこの道で合ってるのか?

 

もちろん!この道で合ってるぞ!

 

やっと温泉旅館が見えてきましたね

 

うんうん♪ここまで長い道のりだったの・・・

 

長い道のりだったではないぞ!遠すぎじゃ!!

 

グサッ!

 

あああああああ!それはうしるきゅんじゃなくて、温泉街から遠くに線路通した人に行ってええええ!!

 

 

『薬師湯』にやって来ましたの!

温泉津駅から歩くこと20分。

今回入浴するのは温泉津温泉にある共同浴場の一つ「薬師湯」です。

玄関は男湯と女湯に別れています。

 

凄くレトロな感じの共同浴場ですね

 

ここは、大正に建てられた建物で温泉津温泉最古の建造物なんだぞ!!

 

受付

玄関を開けると洋風な番台があり、ここで入浴料を支払います。

入浴料を支払うと初見の人はここで入浴方法や注意事項を説明されます。

 

男湯

よーし!いよいよ入浴だ!

 

クッソ暑い中歩いて来たから汗だくなの!!

 

脱衣所

脱衣室は6畳くらいの広さで、昭和な雰囲気が漂ってました。

 

ただの棚と鍵付きのロッカーがあり、ロッカーの隅っこにドライヤーが設置されていました。

 

奥には洗面台があり、浄水器が付いていて飲めるようになってます。

 

浴場

8畳くらいの広さの浴場で、3人くらい入れる浴槽が一つだけありました。

 

床には温泉析出物がびっしり固まっていて、ボコボコしています。

 

和歌山の花山温泉や福島の早戸温泉みたいなの!

 

ここの温泉は源泉100%掛け流しで、排水しやすいように浴槽の析出物を削って常時排水しています。

 

湯口からは勢いよく温泉が注がれていて鮮度が良かったです。

 

洗い場は、入ってすぐの両壁にあり、シャワー&カランが3基あり、カランのみが左奥に1基あります。

 

ほんのりと青みがかった緑色に濁っていて、見通しは10cmくらいの濃い温泉です。

舐めるとしょっぱく、鉄のような味がします。

 

温泉からは鉄錆臭と海水ような磯臭さがします。

ですが、それほど強い匂いじゃありませんでした。

 

見た目とは違ってツルツルサラサラしたさっぱりとした温泉で、肌に引っかかりのないなめらかな肌触りです。

温度は熱めで43度くらいあり、1,2分で体の芯まで温まるので長くは言っていられません。

 

温泉から上がって冷水シャワーを浴びると気持ち良かったです。

 

温冷浴が捗るの!

 

ぶっちゃけ水風呂が欲しいくらい!!

 

動画も撮ったから刮目して見てね♡

 

ここの温泉は保温効果があって、温泉から上がっても全然汗が止まりません。

この日は30度超えるほどの暑さだったので尚更。

 

 

2階 休憩スペース

2階には大正レトロな休憩スペースがあり、湯上りに無料で休憩できます。

 

3部屋ほど個室がありますが全部使用されていました。

 

3階 展望デッキ

3階は屋上で、展望デッキになっていて、椅子とテーブルが設置されていました。

 

もうナナたんも白夜たんも上がってたんだ!

 

うしるさんどんだけ長風呂なんですか、2時間近く入ってましたよね

 

だって温まりやすくて温冷浴が捗る温泉なんだもん!

 

踊り場にはコーヒーメーカーが置かれていて無料で飲むことができます。

 

海風が吹き込んで来て日陰にいると涼しかったです。

 

熱々のコーヒー飲んでるから暑いんだけどね!!

 

次は隣にある元湯に入浴するぞ!

 

また入るんですか・・・?

 

もちろん!遥々島根までやって来たんだからハシゴしないと!!

 

ってことで、次回刮目して見てね♡

 

泉質・料金・アクセス・地図

泉質 ナトリウム・カルシム-塩化物温泉(低張性中性高温泉)
源泉 薬師湯温泉
泉温 45.3℃
PH値 6.3
営業時間 土・日・祝:8:00~21:00
月~金:9:00~21:00
定休日 なし
日帰り料金 大人(12歳以上)500円、小人(満1歳以上12歳未満)200円
アクセス JR山陰本線「温泉津駅」から徒歩20分
場所
詳細 薬師湯公式サイト

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♡