元IT土方の供述

元IT土方が男の娘バーチャルブロガーとして日々を供述するブログ。

元IT土方の供述

『出雲ドリーム博多号』松江駅から博多バスターミナルまで約8時間かけて夜行バスに乗って来たましたの!【乗車記】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

みんなー!うしるだよー☆

 

うしるきゅんはねえ!島根県の松江駅にやって来たんだ!

 

今回はねえ!深夜バス「出雲ドリーム博多号」で台風上陸当日の九州に向かうんだぞ!

 

刮目して見てね♡

 

 

出雲ドリーム博多号とは

出雲市駅から、斐川インター、松江駅、玉造、宍道、木次を経由して、福岡の小倉駅と博多バスターミナルまでを、約9時間かけて走行する夜行バスです。

運行会社は中国JRバスと、JR九州バスです。

 

明日の九州は台風が上陸するから覚悟しておいてね!

 

なんでこんな日に深夜バスで九州へ向かうんですか!?

 

だって、熊本と別府のホテルを予約した次の日に台風が発生したんだもん・・・

 

九州行きを諦めなかった報いじゃ・・・

 

松江せんじこ温泉で日帰り入浴断られたのも、帰りのバスで貴様のスマホを落としたのも妾の呪いじゃぞ!

 

ちょ!何してくれてんの!?液晶保護ガラスにめっちゃヒビ入って、ケースが抉れてしまってるんだけど!!まだ買って1年も経ってないのに!!

 

松江駅バス乗り場

松江駅バス乗り場には、屋根がかかったベンチがあるのみで、待合室の類はありません。

夜行バスが来るのは駅の中のお店の閉店時間を過ぎるので、雨だろうと屋外で待つしかありません。

 

うしるきゅんたちは、泊まったホテルのフリースペースで待ってたけど!!

 

 

23:03 出雲ドリーム博多号がやってくる

発車時刻の7分前にバスが松江駅にやって来ました。

真っ赤なバスなので目立ちます。

出雲市駅からの乗客で半分近くの席が埋まってました。

松江駅からはもっと乗車して、8割くらい埋まってました。明日台風なのに。

 

貴様らとはここでお別れじゃぞ

 

え?どういうこと!?白夜たんの分も予約したのに!?

 

妾の代わりに涼(すず)がバスに乗って九州に行ってくれるぞ!

 

わざわざ松江まで呼んだのは白夜さんの身代わりをさせる為だったんですね・・・

 

白夜さんのセコイ!

 

ちょ!だったら呪いでスマホ落させる必要なかったじゃん!液晶保護ガラス弁償して!!

 

車内

車内は三列独立シートと夜行バスではごく一般的な装備です。

 

座席はフットレストとレッグレスト付きの標準的な座席でヘッドレストも付いています。

背もたれが分厚くてゴツかったです。

 

真っ赤なバスだけど、シートはグレーで地味だったの

 

コンセントとボトルホルダーも付いています。

アメニィティはゲロ袋のみ。使い捨てのスリッパすらありません。

 

トイレは車両のど真ん中の半階くらい下りたところにあります。

 

外観はド派手だったけど、車内は普通だったの

 

23:10 松江駅 発車

定刻通りに松江駅を発車して、すぐに乗務員による案内が始まりました。

停車バス停、注意事項、トイレの場所等、車内設備の案内がありました。

 

 

23:24 玉造バス停 到着

松江駅を発車してから14分。

玉造バス停に到着しました。

ここでは誰も乗車せず1分後に発車しました。

 

23:33 宍道バス停 到着

10分ほどで次の宍道バス停に到着。

ここでも誰も乗車せず2分後に発車しました。

 

発車するとすぐに乗務員の案内が始まりました。到着バス停、車内設備の案内がありました。

休憩箇所は島根県雲南市のたたらば壱番地と、山口県下関市の壇ノ浦SA2ヶ所のみ。

それ以外は乗務員の休憩です。

運転手は2人の体制の交代制ではなく、出雲駅〜久地PAまで中国JRバスの乗務員、久地PAから博多バスターミナルまでJR九州バスの乗務員が担当する、交代制との案内もありました。

 

深夜バスに乗るのも白夜たんとの交代制だと良かったね涼たん!!

 

真夜中に山奥のPAでバス待ちたくないです・・・

 

痛い痛い!後ろからうしるきゅんの髪を引っ張るの止めて!白夜たんに騙されたからって八つ当たりしないで!!

 

23:59 道の駅 たたらば壱番地 到着

日付が変わる1分前、本日最初で最後の道の駅 たたらば壱番地に到着しました。

ここで0時15分まで休憩です。

 

道の駅 たたらば壱番地は、トイレと自販機しかありませんでした。

 

ちょ!高速道路を監視してるモニター、山奥過ぎて画面が真っ暗だよう!!

 

建物の反対側に出ると一般道の駐車場があって、道の駅の建物もありますが閉店してました。

 

もう!涼たんったら道の駅で何も買えないからってガッカリしないの!

 

どうせバスの中で食べられないんだし!!

 

消灯後にバスで食べちゃダメだよ

 

た、食べないよ!!

 

0:17 道の駅 たたらば壱番地 発車

道の駅 たたらば壱番地で、15分以上休憩して発車しました。

発車5分前には全員戻って来たのに、しっかり休憩を取ってました。

 

多めに休憩取らないと気が済まないほど、過酷な道のりなのかなあ?

 

発車するとすぐに消灯となりました。

 

5:01 壇ノ浦SA 到着

皆様おはようございます、まもなく壇ノ浦SAに到着です

 

5時20分まで休憩となります

 

んああ!?もう壇ノ浦!?

 

あの伝説の壇ノ浦レポートが撮影された壇ノ浦SAです。

では早速、壇ノ浦をレポートしようと思います。

 

上を見上げると関門橋が見えます!

 

壇ノ浦PAは綺麗で新しい建物で、中には売店と食堂があります。

 

こんな早朝でも、売店も食堂が営業してました。

 

そして天井には太々しく鯨が埋め込まれていました。

 

ところで、ナナたんと涼たんは寝れた?

 

ね、ね、ね、ね、寝れませんよ!バスでもう!

 

シートきついよぉ・・・

 

やってみないとわかんないんですよ!

 

ブログでは消灯して次の休憩場所で降りて終わりですが、違うんです、本番は寝てる時なんですよ!

 

辛いんだよお・・・

 

蒸し暑くても隙間風が寒くても揺れが激しくても何もできず、休憩所までひたすら耐えるしかないんですもん・・・

 

台風だもん、やめた方がいいよお・・・

 

うんうん♪2人とも深夜バスの洗礼に遭ってるようだね・・・

 

5:21 壇ノ浦SA 発車

5時20分に運転手による人数確認があり、その後発車しました。

 

 

5:46 小倉駅到着

辺りが薄暗い中小倉駅に到着しました。

小倉駅では5人ほど下車して行きました。

 

向かいの席の人、運転手に叩き起こされてるの!

 

バスで爆睡できるとか羨ましいよね?

 

5:55 小倉駅 発車

定刻通り小倉駅を発車しました。

小倉駅で再度消灯となりました。

 

6:56 点灯

車内が点灯し、あと数分ほどで終点の博多バスターミナルに到着とのアナウンスがありました。

外は少し雨が降ってる程度で荒れてはいません。

 

7:06 博多バスターミナル 到着

定刻より4分遅れて博多バスターミナルに到着しました。

 

さーて、ここからは高速バスで熊本を目指すぞ!

 

博多バスターミナルから、熊本を目指しますの!

ちょ!全便運休ってどういうことなの!?熊本に行けないよう!!

 

新幹線は走ってるらしいですよ

 

痛い出費だけど新幹線で行くぞ!

 

在来線は、小倉駅からギリ熊本県の荒尾駅までは、まだ運休になってないようです。

せめて熊本駅まで走っててよう・・・。

 

ちょ!払い戻しの客で窓口が混雑しまくってるし、券売機も並んでたの!

 

やっと切符を買えて新幹線に乗車!

本来は鹿児島中央行きですが、熊本で運転を打ち切りとのこと。

 

新幹線に乗る乗客は余りいなくてガラガラでした。

 

ちょ!熊本なんか薄らと晴れてんじゃん!せめて、午前中に熊本に到着するはバス走らせて欲しかったの!

 

あっという間に熊本に到着。

 

やっと到着したの・・・

 

ここで安心するのは早いぞ!泊まるホテルは水前寺の近くだから!!

 

 

さーて、ここから路面電車に・・・。

 

ちょ!全部運休してんじゃん!!

 

バスは・・・バスとダメ!?まだ台風も来てないし雨すら降ってないじゃん!走らせてよう!!

 

なんでこんな日に九州に行こうとしたんですか・・・

 

だ、だって今日九州に行かないと後の旅程もパーになっちゃうから・・・

 

ってことでホテルまで歩いて行くぞ!4km離れてるけど!!

 

私たちはタクシーで行くのでうしるさん1人で歩いてください

 

ちょ!だったらうしるきゅんも乗せてよう!

 

なんでこんな変態と狭いタクシーに乗らないと行けないんですか!?1人で乗ってくださいこの変態!!

 

あああああああ!マグナム蹴ってまで拒絶することないじゃあああん!!

 

いいもん!いいもん!1人で歩いて行くから!

 

途中でサウナの聖地「湯らっくす」に寄って、チェックインの時間まで体洗って待ってるもん!!

 

涼たんもナナたんも汗でベタベタになったままの身体で、ホテルのフロントでチェックインまで5時間以上待ってればいいんだもん!

 

ちょ!サウナ出た頃には雨が降り出して風が強くなってるよおおお!もう傘なんて差して歩けないよう!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♡