東京都渋谷区代々木上原のブータン料理屋「ガテモタブン」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、孤独のグルメでも放送された代々木上原のブータン料理屋「カテモタブン」を紹介します。

カテモタブン」はエスニック料理屋がひしめく都内でも珍しいブータン料理専門のレストランです。

 

 

ブータン料理の概要

米が主食で、唐辛子が香辛料ではなく野菜として料理に使用されているのが特徴で、世界一辛い料理として定評があります。

唐辛子が野菜ってことは、和食で言えばししとうの天ぷらじゃなくて唐辛子の天ぷら、洋食で言えばピーマンの肉詰めじゃなくて唐辛子の肉詰めってことだと思います。

想像するだけで超絶圧倒的に辛そうですね。

激辛なことに定評のあるタイ料理だって辛いを通り越して痛みに変わるくらい激辛だけど唐辛子は香辛料でしたよ・・・。

そうと来たら、激辛マニアとしては行かなければならない!

 

 

アクセス

f:id:UrushiUshiru:20180418204613j:plain

最寄り駅は小田急線、地下鉄千代田線の「代々木上原駅」です。

 

f:id:UrushiUshiru:20180418204756j:plain

駅の目の前の道を真っ直ぐ上っていきます。

 

f:id:UrushiUshiru:20180418205549j:plain

ひたすら上っていきます・・・。

ああ、しんどい・・・。

 

f:id:UrushiUshiru:20180418205931j:plain

坂を上り切った所の右手に、今回紹介する「ガテモタブン」が見えてきます。

店舗名が書かれた看板が無いので分かりにくいですが、メニューの書かれた木製のスタンド看板があるのでそれが目印です。

 

f:id:UrushiUshiru:20180418210346j:plain

店内はお洒落で小奇麗なエスニック料理のような内装で、2人掛けののテーブル席が5つある小さな店舗です。

 

メニュー

f:id:UrushiUshiru:20180418210951j:plain

ランチメニューは以下の通りです。

 

  • A.パクシャパランチ・・・・950円
  • B.シャシャマルランチ・・・950円
  • C.シャモダツィランチ・・・950円
  • D.エマオムレツランチ・・・950円

 

シャモダツィランチ

f:id:UrushiUshiru:20180418210201j:plain

シャモダツィランチには、シャモダツィ(きのことチーズを似た物)をメインにライス、スープ、サラダが付いてきます。

 

f:id:UrushiUshiru:20180418211807j:plain

シャモダツィには、しめじと、玉ねぎ、そして唐辛子がそのまま入ってます!

見た目はクリームシチューっぽいですね。

 

f:id:UrushiUshiru:20180418212538j:plain

ぷりっぷりのしめじと、煮込まれていて柔らかくなった玉ねぎが大量に入ってます。

スープはクリームシチューのようにドロドロしてますが、チーズの特濃な酸味とコクを感じる味わいでクリームシチューとは違う感じがします。

この特濃チーズのスープがしめじや玉ねぎに絡まり、プリプリしたしめじや、煮込まれてしんなりとした玉ねぎが一層美味しく感じられます。

 

f:id:UrushiUshiru:20180418212016j:plain

これはピーマンじゃないです。

青唐辛子です。

それでは野菜と化した唐辛子を食べてみます!

 

辛っ!

 

当たり前ですが辛いですね~。

でも、ふんだんに絡まったチーズのスープが唐辛子の辛さを抑えつつマイルドな味わいになります。

そのまま食べたら確実に辛すぎて舌が痛くなるくらいの

チーズのスープのせいかそれほど辛くないですね。

行きつけの激辛タイ料理屋のレベル2くらいの辛さです。

www.itjigoku.com

 

最後の方まで食べ進めると辛さが下に溜まっているのかチーズの酸味とコクの他に辛さも感じるようになりました。

ピリ辛とチーズのコクってかなり会いますね。

 

f:id:UrushiUshiru:20180418215740j:plain

スープは豆が入っていて、どこかカレーのような味のするスープです。

辛くは無く、ちょっと豆の味のするあっさりとしたスープでした。

 

パクシャパランチ

f:id:UrushiUshiru:20180418215557j:plain

パクシャパランチには、豚肉と唐辛子、大根、玉ねぎを炒め煮のパクシャパをメインに、ライス、スープ、サラダが付いてきます。

 

f:id:UrushiUshiru:20180418220431j:plain

パクシャパには、豚バラ肉とスライスされた大根、玉ねぎが入っていて、「これは野菜だぞ!」という感じで唐辛子も入ってます。

 この唐辛子の辛さが、豚バラ肉、大根、玉ねぎに染みていて辛い!

辛いのですが、味付け的には和食のような素材を生かすような素朴な味。

唐辛子が入ってなかったら、定食屋で「豚バラ肉と大根、玉ねぎの煮物」って出ても違和感が無いレベルに和食っぽいです。

香辛料や調味料でガッツリ味付けするエスニック料理が多い中(そうではないのを見たことが無い)これは珍しいですね。

 

唐辛子はクタクタになるまで煮込まれていて、インドカレーとかに丸々一本入ってる唐辛子よりは辛くないですね。

それでも辛いことには変わりは無いですが・・・。

クタクタになるまで煮込まれると辛さが抑えられるのか、そういう品種なのか・・・。

行きつけの激辛タイ料理屋のレベル2くらいの辛さです。

www.itjigoku.com

 

店舗詳細

関連ランキング:南アジア料理(その他) | 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅

 

 

おまけ

f:id:UrushiUshiru:20180419231048j:plain

今回紹介した「ガテモタブン」の向かいにブータン料理のダツィ専門店の「カームス」という店がありました。

 

f:id:UrushiUshiru:20180419231148j:plain

 代々木上原ってブータン人が多いのか?って思いましたがそうでは無いようです。

ガテモタブンとは関係ない店のようで、どうして目の前に開店したんだ?って感じの店ですね。

次はここに行ってみるか・・・。

 

まとめ

 日本ではかなり珍しいブータン料理の専門店「ガテモタブン」を紹介しました。

世界一辛い料理と聞いてやって来ましたが、思ったほど辛くは無かったです。

ですが、素朴な味わいで、香辛料や調味料でガンガン味付けされた料理が多い、エスニック料理の中では珍しい存在だなって思いました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!