東京都江戸川区西葛西のインド料理食べ放題「アムダスラビー」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、インド人が多い街として評判の西葛西のインド料理屋「アムダスラビー」を紹介します。

休日のビュッフェでは、カレーやインドのパン、インドの炊込みご飯、インドのデザートが食べ放題という、数多くのインド料理屋でも珍しいメニューが食べ放題になるコスパ最強の本格的インド料理屋です!

 

 

 

アクセス

f:id:UrushiUshiru:20180318182226j:plain

最寄り駅は、地下鉄東西線の西葛西駅になります。

 

f:id:UrushiUshiru:20180318182526j:plain

西葛西駅北口から見える「ワイズマート」のある角を真っ直ぐ進みます。

 

f:id:UrushiUshiru:20180318183133j:plain

ちょっと進んでいくと「アムダスラビー」の看板が見えてきます。

 

f:id:UrushiUshiru:20180318190733j:plain

 地下に通ずる階段を降りて

 

f:id:UrushiUshiru:20180318201302j:plain

今回紹介する「アムダスラビー」があります。

 

ランチビュッフェ

f:id:UrushiUshiru:20180318202331j:plain

この店に来たら土日祝限定のランチビュッフェ(1200円)をおすすめします!

以下のメニューが食べ放題なります。

  • 日替わりカレー4種類
  • ポリヤル(インドの野菜炒め)
  • バスマティライス(インドの米)
  • インドの炊込みご飯(バスマティライス)
  • ワダ(インドのがんもどき)
  • インドのサラダ
  • デザート

 

それでは、それぞれのメニューを紹介します。

 

マッシュルームの炊き込みご飯

f:id:UrushiUshiru:20180318204601j:plain

バスマティライス(インドの長米)を使用したマッシュルームの炊込みご飯です。

香辛料の独特のほのかな甘さのある炊き込みご飯です。

カレーをかけるために味付けを抑えていてますが、香辛料を混ぜて炊きこんでいるのでスパイスの独特な匂い味がします。

あっさりしていてカレーをかけて食べると大変美味。

 

ビリヤニ

f:id:UrushiUshiru:20180318222244j:plain

この炊き込みご飯枠は、インドのカレーの炊込みご飯のビリヤニの時もあります。

ビリヤニは、香辛料を利かせつつも、カレーをかけても楽しめるように、辛さや塩加減が控えめになってます。

カレーをかけて食べるのも良いですが、ビリヤニはそのまま食べるのが一番おいしいです!

個人的にはライタ(ヨーグルトのサラダ)をかけて食べたい!!

 

 インドのパン

f:id:UrushiUshiru:20180318205149j:plain

パンケーキのようなふわふわしたパンです。

ちょっと酸味のある不思議な味付けで、こってりめのカレーに付けて食べると美味しいです。

 

渦巻きパン(パロタ)

f:id:UrushiUshiru:20180318223149j:plain

パロタと呼ばれるインドの渦巻きパンの時もあります。

写真では分かりにくいのですが、棒状に練り上げられたパンを渦巻き状に巻いて潰したようなパンです。

モチモチしていてどこかほんのりと甘いさのあるパンです。

こってりめのカレーから酸味のあるカレーを付けて食べると美味しいです。

 

ワダ(インドのがんもどき)

f:id:UrushiUshiru:20180318213705j:plain

インドの甘くないがんもどきの「ワダ」です。

外はカリっと揚げられていて中はモチっとしていて美味しいです。

ほうれん草が練りこまれていてそれがモチっとした食感に、ほうれん草のしんなりとした食感が不思議な感じがしますね。

カレーを付けて食べます。

どのカレーにも合う汎用性の高いドーナツです。

 

チャナダルワダ

f:id:UrushiUshiru:20180318223543j:plain

チャナダルワダという豆とコーンを揚げたがんもどきです。

中までカリッカリに揚げられていて、中心部がちょっとふんわりした固めのワダ。

スープ系のカレーに浸して食べると、ちょっと柔らかくなり美味しくなります。

 

インドの高野豆腐カレー

f:id:UrushiUshiru:20180318210129j:plain

丸いフワフワしたインドの高野豆腐が入ったカレーです。

ドロッとしていて、スパイシーだけどどこかマイルドなカレーです。

高野豆腐のフワフワした食感とドロッとしたカレーって合うんですね!

この日のカレーの中では一番好みの味です。

インドのパンや、ワダを付けて食べると美味しいです。

 

カニのスープカレー

f:id:UrushiUshiru:20180318210811j:plain

その名の通り、カニの入ったスープカレーです。

タマリンドの酸味のきいた酸っぱいカレーです。

南インド料理のラッサムっぽいかカレーです。(これがラッサムかもしれない)

単体で食べるより、ライスの上に他のカレーと一緒にかけて食べると美味しいカレーです。

 

f:id:UrushiUshiru:20180318211015j:plain

実は、入ってるのはカニではなくカニカマです。1200円食べ放題だから仕方がない。

でも、カニカマのプリプリとした食感と、酸味のきいたスープのようなカレーの組み合わせは絶妙です。

カニカマとカレーって合うんですね!

 

チキンカレー

f:id:UrushiUshiru:20180318211701j:plain

スープのようなカレーです。

骨付きのチキンが入ってます。

スープのようなトロトロとしたカレーで酸味のきいたカレーです。

プリプリとしたチキンが美味しく、酸味のきいたカレーとの相性ばっちりです!

カニのスープカレーといっしょにライスにかけて食べるか、インドのパンや、ワダを付けて食べると美味しいです。

 

ナスカレー

f:id:UrushiUshiru:20180318212132j:plain

 ナスと豆の入ったカレーです。

塩分や香辛料を抑えた優しい感じの味です。

豆のドロッとしたマイルドさと、ナスの自己主張しない感じがさっぱりしてます。

南インド料理のサンバルのようなカレーです。(というかサンバル?)

ライスの上にカニのスープカレーと一緒にかけて食べるか、ワダに付けて食べると美味しいです。

 

 ポリヤル(ココナッツとキャベツ)

f:id:UrushiUshiru:20180318214410j:plain

 ココナッツとキャベツと香辛料で炒めた料理です。

塩気を抑えていてココナッツの甘さが引き立ちます。

キャベツや千切りのココナッツのシャキシャキと食感と、ココナッツの甘みのあるクセになる野菜炒めです。

カレーといっしょにライスにかけて食べるのも、そのまま食べるのも美味しい一品です。

 

ほうれん草のポリヤル

f:id:UrushiUshiru:20180318224557j:plain

ポリヤルは日替わりで、ほうれん草のポリヤルの時も有ります。

しんなりとなるまで炒められたほうれん草と、千切りのココナッツの甘みが絶妙です。

こちらも、塩気を抑えていてココナッツの甘さが引き立ちます。

 

サラダ

f:id:UrushiUshiru:20180318215349j:plain

 ひよこ豆のサラダです。

酢のような酸味と、カレー粉のようなスパーシーな辛さのあるサラダです。

ちょっとした口直しにいいですね。

 

 デザート

f:id:UrushiUshiru:20180318215659j:plain

 揚げパンを牛乳と砂糖で煮込んだデザートです。

外がカリっと中はふんわりと揚げられたパンに、牛乳と砂糖を煮込んだ甘いスープが染み込んでます。

揚げパンにじんわりと染み込んだ、牛乳と砂糖を煮込んだスープがジュワっと口の中に広がりクセになります。

 

f:id:UrushiUshiru:20180318220853j:plain

もう一度おかわりしようと料理が置いてあるテーブルに向かったら、いつのまにか別のデザートに代わってました。

まさか、日替わりじゃなくて時間で変わるの?

 

次に来たのは、ココナッツミルクとタピオカのデザートでした。

タピオカのプチプチプルンプルンした食感と、ココナッツミルクのさっぱりとした甘さが美味しいデザートでした。

個人的には最初のデザートの方が好きです。

 

店舗詳細

関連ランキング:インド料理 | 西葛西駅

 

 

 まとめ

いかがでしょうか?

ナン+カレーが食べ放題の店は多いと思いますが、ここでは、カレーに限らず、インドのパンやワダ、インドの炊き込みご飯といった、普通のインド料理屋でも珍しい食べ物が食べ放題になります。

客層もインド人率も高く本場に近い味なんだと伺えます。

 

またカレーですか

 

本当にカレーばかりで飽きませんね~

 

週に何回カレー食べてるんですか?

 

週に2回くらいです

 

え?毎日じゃないんですか?

 

毎回毎回、カレーのお店のグルメ記事書いといて週に2回ってw

 

ほんとうに漆さんはにわかですね!!

 

(#^ω^)ピキピキ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

f:id:UrushiUshiru:20180318231244j:plain