元IT土方の供述

元IT土方が男の娘バーチャルブロガーとして日々を供述するブログ。

元IT土方の供述

『旅染屋 山いち』繋温泉の源泉100%かけ流しの宿に日帰り入浴してきましたの!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:UrushiUshiru:20210701012318j:plain

みんなー!うしるだよー☆

 

うしるきゅんは岩手県盛岡市にある繋温泉にやって来たんだ!

 

今回はねえ!繋温泉にある源泉100%掛け流しの温泉に入れる「旅染屋山いち」に日帰り入浴するんだ!

 

刮目して見てね♡

 

 

 『旅染屋山いち』にやって来ましたの!

f:id:UrushiUshiru:20210701012335j:plain

バス停から歩いて1分の所にある、お屋敷のような旅館が今回入浴する「旅染屋山いち」になります。

 

手湯

f:id:UrushiUshiru:20210701012418j:plain

旅館の前には手湯がありました。

触ると熱くて、熱さに慣れないと手湯できないほどでした。サラサラとした肌触りでしっかりと硫黄臭がしました。

 

これは期待大な温泉なの!

 

 

館内

f:id:UrushiUshiru:20210701012452j:plain

館内に入るとすぐにフロントになっていて、自動のアルコール消毒噴射機と、サーモグラフィーカメラが設置されていました。

 

f:id:UrushiUshiru:20210701012501j:plain

ロビーには、こじんまりとした待合スペースがありました。

 

f:id:UrushiUshiru:20210701012505j:plain

更に廊下を奥に進むと、金色の屏風が置かれている高級感のある待合スペースがありました。

 

凄くお高そうな着物が衣紋掛けに吊るされてるの!

f:id:UrushiUshiru:20210701012515j:plain

浴場は、先程の待合スペースから廊下を左折した、廊下の突き当りにあります。

f:id:UrushiUshiru:20210701012829j:plain

廊下の途中には自販機が設置されていました。

料金は普通でした。

 

休憩所

f:id:UrushiUshiru:20210701012700j:plain

浴場の出入口には休憩所と給水機が設置されています。

 

f:id:UrushiUshiru:20210701012646j:plain

休憩所にはベンチと座布団が漫画が置かれていて、浴場から出てすぐに休憩することができます。

 

男湯

f:id:UrushiUshiru:20210701012546j:plain

さーて!温泉♪温泉♪

 

脱衣室

f:id:UrushiUshiru:20210703132958j:plain

脱衣所は6人くらい着替えられる広さです。

大きな木製の棚が設置されていて、そこに置いてある籠に着替えを置く方式でした。

 

f:id:UrushiUshiru:20210701013126j:plain

貴重品入れのロッカーは出入口近くにあります。

 

f:id:UrushiUshiru:20210703134203j:plain

洗面台は脱衣所に入って一番奥にあり、カランが2基あります。

ドライヤーは壁に備え付けのが2台ありました。

 

 

内風呂

f:id:UrushiUshiru:20210606215235j:plain

浴場には内風呂と露天風呂がありました。

内風呂は、15畳くらいの空間に4人くらい入れる浴槽が一つだけありました。

 

f:id:UrushiUshiru:20210606214926j:plain

洗い場は入って左側の壁沿いに、L字に配置されていて、写真の位置的に1基見えてませんが、シャワーとカランが5基設置されています。

 

f:id:UrushiUshiru:20210606214858j:plain

湯口からはチョロチョロと注がれていて勢いはありませんでした。湯口からは微かに硫黄臭がします。

  

f:id:UrushiUshiru:20210606214911j:plain

浴槽には、加水用の蛇口と、温泉が出る蛇口の2種類が設置されていました。温泉が出る蛇口は温泉成分で真っ青に染まっていました。

 

すんごい色の蛇口なの!!

 

f:id:UrushiUshiru:20210701013759j:plain

温泉の投入量は少ないのですが、源泉100%かけ流しなので、僅かながらオーバーフローしていました。そして、入るとザバーンと勢いよく溢れ出し気持ちが良かったです。

温度は42度くらいで少し熱いくらいです。

 

f:id:UrushiUshiru:20210606215015j:plain

温泉は無色で湯の花などの浮遊物は舞っていませんでした。

ほんのりと石膏のような匂いがしますが、ほぼ無臭でした。

入口にあった手湯は、しっかりと硫黄臭が感じられたのに、浴場の温泉は全くしません。

 

どういうことなの?

 

f:id:UrushiUshiru:20210701013823j:plain

ph9.0のアルカリ性泉の割には、トロトロ感控えめでサラサラしていて、さっぱりとした肌触りでした。それとキシキシと肌に引っかかるような感触がありました。

 

動画も撮ったから刮目して見てね♡

 

 

露天風呂

f:id:UrushiUshiru:20210606214748j:plain

ガラス窓を隔てた、扉を開けてすぐのところに露天風呂があります。

露天風呂には3人くらい入れる浴槽が一つだけありました。

 

f:id:UrushiUshiru:20210606214759j:plain

切り込みから排水されているのでオーバーフローしていませんでした。しかし入浴すると切り込みだけでは足りず、気持ちが良いほど温泉が溢れ出します。

 

f:id:UrushiUshiru:20210606214642j:plain

写真ではわかりにくいですが、ほんのりと白く濁っていました。そして、ほんのりと硫黄臭と土臭さが混じったような匂いがします。内風呂と比べてしっかりと温泉が感じられます。

 

f:id:UrushiUshiru:20210606215119j:plain

湯口の上には蛙の置物が乗っかっていました。

 

茹でガエルの状態にしようって魂胆!?

 

f:id:UrushiUshiru:20210606214658j:plain

湯口からはチョロチョロと注がれていて勢いはありませんが、内湯と比べると若干勢いがあります。そして、しっかりと硫黄臭がしました。

こちらの方が源泉から近いのか熱く、湯口沿いのヘリに背中を預けると、注がれた温泉が流れて来て熱かったです。

 

あっつ!あっつ!!背中がめっちゃ熱いよう!!

 

f:id:UrushiUshiru:20210606214732j:plain

こちらもサラサラしていてさっぱりとした肌触りです。若干トロトロ感も感じられ、そして、キシキシ感も強いです。

風呂から上がると温泉が肌にびっしりと纏わりつき、温泉にコーティングされているようの感触がありました。

 

露天風呂の方が濃厚だったの!

 

露天風呂も動画を撮ったから刮目して見てね♡

 

茂みを挟んで旅館の駐車場になっていて、草刈りしてる音が丸聞こえだけど気にしないでね!!

 

f:id:UrushiUshiru:20210701014206j:plain

ふう、次はどの温泉旅館に入ろうかしらん?

 

泉質・料金・アクセス・地図

泉質 単純硫黄泉(低張性アルカリ高温泉)
源泉 新瑞光の湯、至光の湯混合泉
泉温 72.5℃
PH値 9.0
日帰り入浴時間 10:00~20:00
定休日 無し
日帰り料金 500円
アクセス 盛岡駅から岩手県交通「繋鶯宿線 」で『繋温泉』バス停下車、徒歩1分
盛岡駅から岩手県交通「大田経由繋温泉線 」で『繋温泉』バス停下車、徒歩1分
場所
詳細 楽天トラベル】【じゃらん】【るるぶ】【ゆこゆこ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♡