元IT土方の供述

元IT土方が男の娘バーチャルブロガーとして日々を供述するブログ。

元IT土方の供述

『健康天然温泉 八百坊』山形市内にあるシャワーから水風呂まで源泉かけ流しの温泉施設に入浴して来ましたの!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:UrushiUshiru:20210401020027j:plain

みんなー!うしるだよー☆

 

うしるきゅんは山形県の山形駅にやって来たんだ!

 

今回はねえ!山形市内にある源泉掛け流しの温泉に入れる「健康天然温泉 八百坊」に入浴するんだ!

 

刮目してみてね♡

 

 

山形駅から蔵王温泉行きのバスで向かいますの!

f:id:UrushiUshiru:20210421012711j:plain

山形駅から八百坊の最寄りのバス停へは、蔵王温泉行きのバスに乗車します

 

昨日も乗せられたのに、今日も同じ乗せるとはどういう了見じゃ?

 

グサッ!

 

このバスでしか、最寄りのバス停に行けないんだから、仕方ないでしょおおおおお!

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010246j:plain

山形駅から15分ほどで最寄りの青田バス停に到着しました。

 

・・・

 

たった15分しか乗ってないのに酔っちゃってるの・・・

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010257j:plain

バス停から八百坊へは、左手にマックスバリュが見える交差点を左折してひたすら真っ直ぐ進んで行った先にあります。

 

微妙な上り坂になっておるな、妾はバスに酔って気分が悪いから妾を背負って行け!

 

白夜たん本体はナイ○チで軽くていいけど、携帯してる薙刀がクッソ重いしグサグサ刺さるし嫌だよ!

 

つべこべ言わず背負え!何のための筋肉じゃ!

 

グサッ!

 

あああああ!うしるきゅんに拒否権はないのおおおお!?

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010309j:plain

道を真っ直ぐ進み、ネッツトヨタ山形ネッツタワー本店が見えてきたら、八百坊はもうすぐです。

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010320j:plain

ん?な、なんぞこれ!?

 

f:id:UrushiUshiru:20210405011005j:plain

ビルくらいでっかいディスプレイケースみたいなのに、本物の車が格納してあるの!しゅごいの!!

 

寄り道せんではよ温泉行くぞ!それで温泉はどこにあるのじゃ?

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010332j:plain

それはねえ!ネッツトヨタ山形の裏手にあるんだぞ!

 

 

『健康天然温泉 八百坊』にやって来ましたの!

f:id:UrushiUshiru:20210320215429j:plain

ネッツトヨタ山形の真裏にある八角系の三角屋根のこの建物が『健康天然温泉 八百坊』になります。

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010357j:plain

玄関は建物の裏手の方にひっそりとありました。

 

分かりにくいところにあるんじゃな・・・

 

ロビー

f:id:UrushiUshiru:20210405010422j:plain

館内に入ると受付があり、真ん中に休憩所、廊下が左右に分かれていました。

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010435j:plain

玄関には下足箱と、貴重品を入れておくロッカーがありました。

 

下足箱に同化してるからって、ロッカーに間違って靴を入れちゃあメッ!なんだぞ!

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010408j:plain

受付の脇に券売機があり、ここで入浴券を購入し館内に入ります。

ちなみに、大人570円、子供270円になります。

 

近くの百目鬼温泉より高いけど、うしるきゅんの生息地の日帰り温泉よりは安いの!

 

休憩室

f:id:UrushiUshiru:20210405010500j:plain

八角形の建物のど真ん中に休憩室があり、八角形の部屋になっています。

休憩室には、ソファーとベンチが設置されています。

 

天井がUFOっぽくて、ソファーで寝ようものならキャトルミューティレーションされそうなの!

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010928j:plain

自販機も設置されていました。

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010825j:plain

玄関から左に廊下を進んだ先にも個室の休憩室がありました。

 

男湯

f:id:UrushiUshiru:20210405010814j:plain

男湯は玄関から右に廊下を進んだ1番奥にあります。

 

脱衣所

f:id:UrushiUshiru:20210405010736j:plain

脱衣所は、奥の方にL字型になっていて、10人くらい着替えられる広さでした。

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010837j:plain

手前は籠が乗っかっている着替え棚ですが、奥がロッカーになっていました。

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010801j:plain

ちなみに脱衣所にあるロッカーは鍵がかけられないので、貴重品は玄関前のロッカーに入れるしかありません。

ロッカーにはハンガーがそれぞれに一本ずつ設置されていました。

 

百目鬼温泉のシューズロッカーも鍵がかけられないし、山形市では鍵がかけられないロッカーが流行ってるの?

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010903j:plain

洗面台は手前側にあり3基ほどありました。

ドライヤーが1台だけ設置されていますが、1分20円の有料制です。

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010850j:plain

脱衣所には、給水機が1台設置されていて、飲み物を持ち込まなくても給水できます。

 

めっちゃ飲んじゃうもんね!

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010625j:plain

え?ここって温泉が源泉かけ流しなだけじゃなく、シャワーも水風呂も源泉100%かけ流しなの!?しゅごいの!!

 

f:id:UrushiUshiru:20210407023235j:plain

出入口には、源泉100%かけ流しと言うことだけではなく、この建物が八角形の理由も書かれていました。

 

ふむふむ、ピラミッドパワーを取り入れるために建物が八角形なのね!

 

意味わかんないし、めっちゃ珍スポット臭がするの!

 

f:id:UrushiUshiru:20181114152954j:plain

どうりで建物が福島の珍スポット『UFOふれあい館』にそっくりだと思ったの!そこもお風呂あるし!!

 

つまり、ここの温泉に入ると、未知の宇宙エネルギー・マグネトライトロンの聖光を浴びて、超越浄土世界への扉をくぐる資格を得られたりするってことね!

 

浴場

f:id:UrushiUshiru:20210320164131j:plain

八角形の建物のうち、五角形の扇形の形になっている浴場で、15人くらい入れる大きな浴槽と、1人が入れる大きさの水風呂があります。

岩陰に隠れた浴場の奥の部分まで浴槽になっていてT字のような形をしています。

奥の方がゴツゴツとした岩の壁になっていて、浴槽には、岩が突き出ているところもあり露天風呂風の作りになってました。

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010512j:plain

湯口は岩の上から滝のように注ぎ込まれていて、ドバドバと勢いが良かったです。そして常に温泉が浴槽から溢れ出していて贅沢な湯使いで、鮮度はとても良かったです。

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010612j:plain

f:id:UrushiUshiru:20210405010523j:plain

洗い場は出入口付近に4基、奥にL字型に7基ありました。

そして驚くことにここのシャワーは全て温泉が使用されています。源泉掛け流しのシャワーは、ただのお湯と違ってピリつく感じは全くなく、ヌルヌルとしていて肌触り滑らかでした。

 

山形駅から3.5kmしか離れてないのに、シャワーまで源泉掛け流しの温泉があるって凄くない!?

 

 

温泉

f:id:UrushiUshiru:20210405010447j:plain

温泉は無色透明で浮遊物はありません。脱衣所の張り紙には「黒い浮遊物は湯の花です」と書かれていたので、湯の花が舞っていることもあるようです。

臭いは無臭ですが、湯口付近からは鉄錆臭さと、ゆで卵のような軽い硫黄臭がしました。

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010712j:plain

トロトロを通り越してぬるぬるとしたぬめりけのある肌触りでした。

ここの温泉はph8.2の弱アルカリ性泉らしいですが、強いアルカリ性(ph9.0)の中山平温泉並みにヌルヌルしていました。

全く肌に引っかかる感じはなく、かなり肌触り滑らか、まさにシルクのような肌触りです。これまで入浴した温泉の中でも一番滑らかかもしれないです。

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010536j:plain

温度は湯口から手前にかけてが43度くらい、奥の方に凹んでいる部分が42度くらいでした。

温度は全体的に熱めながら、ぬるぬるとした滑らかな肌触りなのでピリつく感じはありませんでした。

 

水風呂

f:id:UrushiUshiru:20210405010648j:plain

水風呂は、出入口付近にあり、温泉の入った浴槽の延長みたいな形でした。そして1人しか入らない狭さです。

水風呂も冷ました温泉を使用していて、源泉100%かけ流しです。

 

ぬるい源泉を使ってるのかと思ったけど、温泉成分表が無かったし普通の温泉を冷ましてるだけなのね

 

f:id:UrushiUshiru:20210407023223j:plain

湯口からはチョロチョロと温泉が注ぎ込まれていて、それほど勢いはないので鮮度はそれほど良くありません。

無色透明で無臭で浮遊物も舞っていません。

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010637j:plain

水風呂としてはぬるめの27度くらいです。

ぬるぬるとした肌触りなので、27度でも冷たさで肌を刺す感じはなく肌触り滑らかでした。

温冷浴にちょうどいい温度とぬるぬるした肌触りで、ついつい温泉と水風呂のループにハマってしまい長湯は必至でした。

 

めっちゃ鮮度のいい温泉で最高だけど、ピラミッドパワーは感じれなかったの

 

f:id:UrushiUshiru:20210405010953j:plain

温冷浴ループにハマって夕方になっちゃったの

 

遅いぞ!どれだけ待たせれば気が済むのじゃ!

 

グサッ!

 

だったら1人で帰ればいいでしょおおおお!

 

1人で帰ったら妾がバス賃払わんといかんじゃろ!

 

あぁん!ひどぅい!!

 

f:id:UrushiUshiru:20210405011016j:plain

どうせバスは遅れてるだろうと思ったら、定刻通り走っていてギリギリ乗り遅れるところでした

 

危なかったの・・・

 

 

高速バスで仙台に帰りますの!

f:id:UrushiUshiru:20210407023248j:plain

さ〜てお家に帰ろうっと!

 

なんじゃ!帰りも高速バスか!

 

グサッ!

 

仙山線より高速バスの方が安いし早いし、圧倒的に本数多いから当然でしょおおおおお!

 

f:id:UrushiUshiru:20210405011029j:plain

キュイン!キュイン!

 

ん!?なになに緊急地震速報!?でっかいのが来るの!?

 

止まります

 

うおおおおお!めっちゃ揺れるのおおお!

 

おい!先月も大きいの来たばっかりじゃろ!

 

ちょ!どうなっちゃうの!?車中泊なんて嫌だぞ!

 

発車します

 

え?もう発車するの?めっちゃ揺れたけど高速道路ぶっ壊れてないの?大丈夫なの!?

 

f:id:UrushiUshiru:20210405011040j:plain

大地震に遭遇したのにも関わらず、たったの5分遅れで仙台に到着しました。

 

少なくとも1時間くらい遅れると思ったの

 

f:id:UrushiUshiru:20210405011053j:plain

勾当台公園付近は大地震があったのになんの被害もなさそうなの

 

でも電車が止まっててお家に帰れないみたいなの!

 

ま、地震の直後にホテル予約したから問題ナッシングだぞ!

 

もちろん妾の分も予約したんじゃろうな?

 

え?なんで白夜たんの分までお金を払って予約しないといけないの?自分でしてよう!

 

じゃったら、ここで貴様を始末して、妾が代わりに泊まってしんぜよう!

 

グサッ!グサッ!グサッ!

 

緊急事態発生!緊急事態発生!ヘルプミーーーー!!

 

泉質・料金・アクセス・地図

泉質 ナトリウム-硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
源泉 八百坊温泉
泉温 47.9℃
PH値 8.2
日帰り入浴時間 6:30~22:30
定休日 第3水曜日
日帰り料金 大人570円、子供270円(3歳~小学生)
アクセス 山形駅から山交バス「蔵王温泉行き」で『青田』バス停下車、徒歩15分
場所
詳細 天然温泉八百坊公式サイト

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♡